mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > シリラート病院(死体博物館)

シリラート病院(死体博物館)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月5日 11:08更新

死体博物館をご存知ない方のために、ご説明致します。

先ずこの死体博物館は、バンコクのトンブリと呼ばれる、チャオプラヤー川西岸地区に位置する、タイ王国立マヒドン大学医学部付属シリラート病院内にあります。

一般には、「病理学博物館」と「法医学博物館」の2つを総称し「死体博物館」と呼ばれています。前者は病的に亡くなられた方の亡骸またはその一部、後者は事故や犯罪で亡くなられた方の亡骸またはその一部が主な展示物です。

博物館の本来の趣旨は医学の啓蒙で、各国の専門家の間では特に先天奇形児の標本が充実していることで知られています。病院の付帯施設というよりは、マヒドン大学の付帯施設と考えて頂いた方が位置付けが分かり易いかもしれません。

このマヒドン大学ですが、医療系学部の規模がタイ最大、また付属シリラート病院も国立病院としてはやはりタイ最大規模です。ただ、シリラート病院は立地やインフラの差などから、外国人にはあまり馴染みのない病院かもしれません。

シリラート病院は、最新設備が揃っているとは残念ながら言い難いのですが、
ドクターの腕はタイトップクラスです。中にはその腕を買われ、日本を初め各国に出張治療へ出向くことがあるドクターもいます。

冒頭で「タイ王国立」と表現しましたが、実際の設立には王室が深く関わっています。そのため、王族の方々は例外なくこの病院をお使いになられています。

死体博物館に対しては、日本人の間ではあまり良いイメージがありませんが、医学的には大変貴重、かつタイでは権威のある施設だと捉えて頂いて良いと思います。







※管理人様が ご不在でしたのでお預かりいたします。

ご連絡いただきましたら ご返却いたします。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 456人

もっと見る

開設日
2008年12月2日

3072日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!