mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 人間味倶楽部

人間味倶楽部

人間味倶楽部

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間味」は日常に溢れた極々一般的な一瞬の哀しみです。そう、哀しみなのです。人は皆、重い十字架を背負って生きているわけですが、皆さんご存じの通り「人間味」に溢れたその瞬間、その十字架の重みは約2〜10倍程に跳ね上がる、と言われていますね。では、私が体験した「人間味」を皆さんにお伝えしたいと思います。

私はいつもの通り、会社へのダルい通勤をしていた。いつもの通りのいつもの電車、通勤ラッシュ。ホームへの階段を一段一段、重い足を引きずるように登り切り、車内へと入る。すると、隣の急行列車の発車音が。「プルルル〜!」私は自分の定位置である手すりにもたれかかり、好きな音楽へ身をはぜる。「ダダダダッ!!」俺の音楽に勤しむわずかな時間をかき消し、一人の女性が俺のいる車両へ駆け込んできた。鬼気迫る、まさに鬼の形相を呈して。そう、彼女は間違えたのだ。この電車は急行よりも3分程遅く発車するのだが、急行の発車音と間違えて彼女は駆け込んでしまったのだ。もちろん車内は静まりかえり、息を切らしている者など一人もいない。彼女は顔を赤らめながら、隣の車両へと移っていった。薄笑いを浮かべて。

これが「人間味」です。まぁ、軽いジャブでしょう。この程度なら。

皆さんもこのような「人間味」エピソードをご報告ください。

最新情報

開設日
2005年10月30日
(運営期間3987日)
カテゴリ
学問、研究
メンバー数
12人
関連ワード