mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 原田俊太郎“太鼓叩き”

原田俊太郎“太鼓叩き”

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年8月12日 23:03更新

自他共に認める“人情派太鼓叩き”ことジャズドラマー・原田俊太郎さんのコミュニティです。


公式サイト
http://www5.ocn.ne.jp/~shtaiko/index.html

公式ブログ「太鼓叩きの戯言」
http://blog.goo.ne.jp/sh1954

「原田俊太郎のハッピー・ドラムレッスン」
http://www5.ocn.ne.jp/~shtaiko/dr.html


〈原田俊太郎プロフィール〉公式サイトより

人も知る日本ジャズの創世期ドラマー、ジミー原田を祖父に、現在大活躍中のベテラン・ドラマーで日本楽友会会長を務める原田イサムを父に持つジャズ名門一家の出身。バリトンサックスの原田忠幸は叔父にあたる。祖父のジミーさんがオールドボーイズのリーダーとして大人気を博した頃は、まだ大学を出たばかりの紅顔美青年で有った時から私は彼を知っているが、いつの間にか2005年50歳になるときいて驚いた。今も夢多く、いわゆる音楽の可能性に挑む冒険心に富んだ好青年である。明治大学文学部に入ってからは、レコード喫茶やライブハウスに入りびたったり、3年の時、仲間とグループを組んで演奏を始め、いろいろのコンテストで賞を取る。その時のグループが「ザ・スクエア」(後のT・スクエア)としてプロデビューした。ザ・スクエアを退団して人気歌手、阿川泰子のドラマーとなり、尺八奏者ジョン・海山・に抜擢されて海外ツアーし、初レコーディングした。その後杉原淳とニュー・サラブレッツに参加して、大橋巨泉の人気番組「11PM」にレギュラー出演を5年続ける。固定したスタイルには囚われない幅広い活動をモットーとして、ジャズライブの他ドラマや映画音楽、CM音楽、ショー、レビューなども手掛け、女優・斉藤こず恵の音楽プロデューサーとしても活動している。彼のドラム技法は祖父や父の血をひいてディキシー、スイング、ハードバップからフュージョンまで曲趣に応じたリズムを的確に叩き出して、共演者のプレイをサポートすると共に、常にバンド全体の新鮮なサウンドを創り出すことに意を用いている。従って、彼のドラムソロも、多くのドラマーにありがちな早いテンポのパワフルなプレイを誇示するようなことはなく、陰影に富んだ極めて音楽的なプレイを身上としている。最近は自己のユニットを中心に活動し、雪村いづみ、斉藤こず恵、麻倉未稀、等のタレント、シンガーのサポートも精力的におこなっている。

YouTubeで観られる太鼓叩きの嵐を呼ぶ!白熱ライブ映像↓
http://jp.youtube.com/results?search_query=%E5%8E%9F%E7%94%B0%E4%BF%8A%E5%A4%AA%E9%83%8E&search_type=&aq=f

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2008年11月11日

3057日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!