mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 森メタル 〜KORIPIKLAANI〜

森メタル 〜KORIPIKLAANI〜

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年8月20日 12:38更新

森メタルという新境地をみんなでひろげよう!ウマ
メタル好きあつまれ!ウマ


(以下Wikipediaより抜粋)

バイオグラフィー

KORIPIKLAANIが結成された当初はSHAMANという名で活動していた。バンドは1stシングル「Odda mailbmi」と1999年に1stアルバム「Idja」、2002年に「Shamaniac」をリリース。楽曲はフィンランド語で歌われていた。しかし、同名バンドがいるということ、そして音楽と歌詞の表現方法の相違からバンド名を現在のKORPIKLAANIに変更する。SHAMAN時代に表現していたフィンランド語での力強く、衝撃的なフォーク・メタルというトレードマークを引き継いで。ボーカル、ギターのヨンネ・ヤルヴェラはよりフィンランドの伝統的なフォーク・メロディを用いたメタルを標榜し、それに見合ったミュージシャンを一から探す事になる。最初に追加されたラインナップはヒッタヴァイネンであった(本名:ヤーコ・レメティ)。オーディションでは一発合格だったらしい。そしてヨンネの古くからの友人であるマットソン(Dr)がバンドに加入。アルト・ティッサリ(Ba)とトニ・ホンカネン(Gu)は SHAMAN時代からのメンバーであり、引き続きKORPIKLAANIでもプレイ。そしてトニ・ホンカネンの知り合いであったパーカッショニスト、アリ・マータをバンドに加入させた。SHAMANはヨンネがやりたい事を表現するバンドであったが、KORPIKLAANIになってもそれは変わりはない。KORPIKLAANIのサウンドはフィンランドのフォーク/トラッドから来ている。しかし、メタルの要素も十分に取り入れており、KORPIKLAANIとその他のフォーク・メタル・バンドとの違いはメタル特有の衝撃としてフォークという要素を使っていることだ。彼等は森の中に済、インスピレーションを得る。これが一番の彼等にとってのソング・ライティングの上で重要な事だという。そして1stアルバム「SPIRIT OF THE FOREST」がNAPAHM RECORDSより2003年11月にリリースされ、ここ日本でも輸入盤帯付き使用にて2004年6月に発売され、大きな反響を呼んだ。そして2005年1月、2ndアルバム「荒野のコルピクラーニ」が発売され、そこに収録された “Wooden Pints”のビデオは見るもの全てを虜にし、KORPIKLAANIの名を一気に拡げる要因となったのであった。2ndアルバムからケーンというギタリストも加入し、順風満帆に見えたバンドも脱退者が出てしまう。それはホンカとアリであった。ホンカは勉学のため学業に専念し、アリは家庭ができた為バンドとの両立が難しくなったから、という理由だそうだ。また、ベースのアルト・ティッサリも兵役のため脱退し、新たにヤルッコ・アールトンが加入した。8人から6人体制へと代わってしまったが、2005年には初のフェスティヴァルに出演(SUMMER BREEZE)、またツアーにも出たりと、バンドとしての活動を活発化させていく。そんな中、バンドは2005年暮れからレコーディングに突入。こうして出来上がったのが本作である。今年はドイツのWacken Open Air Festivalにも出演することが決まっており、またアルバム・リリースに付随するツアーも決定していたりと、今年はKORPIKLAANIにとって勝負の年になりそうだ!!

PV

Wooden Pints/酒場で格闘ドンジャラホイ

http://www.youtube.com/watch?v=OIc4VHxU7iM

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 47人

もっと見る

開設日
2008年11月10日

3268日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!