mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 美しい人 - 9 lives -

美しい人 - 9 lives -

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年5月11日 19:04更新

『彼女を見ればわかること』で一躍注目されたロドリゴ・ガルシア監督は、ラテン・アメリカ文学の巨匠で、ノーベル文学賞を受賞したガルシア・マルケスの息子である。周知のように、ガルシア・マルケスは、現実と幻想が混淆するグロテスクで壮大な神話的世界を構築した〈魔術的リアリズム〉の作家として知られているが、ロドリゴ・ガルシアの作風はまったく対照的である。『彼女を見ればわかること』のように、さりげない日常の微細なディテールを簡潔にスケッチしながら、出会いと別れ、葛藤と和解を、多種多様な断片として提示する〈ミニマリズム〉のスタイルといってよいかもしれない。それは、些細な日々の出来事を断片的にスケッチしながら、深い啓示の渦に巻き込み、陰影に富んだ人生の真実を浮かび上がらせる、アントン・チェーホフからジョン・チーヴァーを経て、レイモンド・カーヴァー、レベッカ・ブラウン、ジュンパ・ラヒリなどに至る、珠玉の短篇小説の味わいに似ているといえるだろう。

 『美しい人』で、ロドリゴ・ガルシアは、さらに、大胆な革新的なスタイルに踏み込んでいる。この作品は、階層も人種もそれぞれ異なる境遇にある女性たちを主人公にした9話のエピソードから構成されているが、共通するのは、彼女たちは皆一様に、夫、恋人、友人との人間関係に深く傷つき、心に痛みを抱えながら過去に深く囚われている。その一方で、自身が手にしている幸福の側面をそこで垣間見る。表層的にはうろたえ、傷つき、苦しみつつ、どこかで必ずや手にしている幸福をも同時に感じている。それは生きる人すべてが、手にすることのできる、潜在的な歓びでもあるのだ。
 人生の痛み―――。それを経て、神は豊かな愛を差し出す。その豊かさは人生のあちこちに、ささやかではあるけれども、確実に存在する。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 28人

もっと見る

開設日
2008年10月25日

3225日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!