mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 湯浅五助

湯浅五助

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年9月12日 08:42更新

湯浅 五助(ゆあさ ごすけ、生年不詳 - 1600年10月21日(慶長5年9月15日))

戦国時代の武将で、大谷吉継の家臣。諱は隆貞(たかさだ)とされるが、湯浅五助の名の方が世間では知られている。

豊臣秀吉に「100万の軍を与え、指揮させてみたい」と言わしめたほどの武将である大谷吉継の家臣の中でも、特に武勇に秀でた者として有名であったといわれる。関ヶ原の合戦で、小早川秀秋の攻撃によって大谷隊が壊滅したとき、切腹した大谷吉継の介錯を努めたという。

ハンセン病を煩っていた吉継は、自害する前に側近の湯浅五助に「病み崩れた醜い顔を敵に晒すな」と申し伝えて果てた。五助は主君の命を守り、取った吉継の首を戦場から離れた場所に埋めた。埋め終わったときに、五助は藤堂高虎の軍に所属する藤堂高刑に発見される。五助は、「私の首の代わりに、主君の首をここに埋めたことを秘して欲しい」と頼み、藤堂高刑はそれを受けて五助の首を取った。

藤堂高虎は、自分の甥(藤堂高刑の母は、高虎の姉)が勇猛な侍として名高い湯浅五助の首を取ったことに喜び、家康の本陣に報告した。主君の高虎に同行して徳川家康に五助の首を見せた際、家康は手柄を褒めつつ、大谷吉継の側近中の側近である五助なら主君の居場所も知っているはずと、高刑を詰問した。

「知らない事はないが、五助と他弁をしないと誓って首を取ったのでこのことはどなた様にも言えませぬ。どうぞ、私を御処分くだされ」と高刑は答えた。吉継の首の在処を言えば、更なる大手柄になるというのに頑として在処を言わない姿勢に家康は感心し、自分の槍と刀を与えたという話が今日まで伝わっている。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 27人

もっと見る

開設日
2008年10月22日

3315日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!