mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > Kevin Carter

Kevin Carter

Kevin Carter

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケビン・カーター
代表作品「少女とハゲワシ」93年スーダンにて
1994年に報道写真界でも最も栄誉のあるピューリッツァー賞を受賞しながら、その後自殺してしまったカメラマン。

アフリカ最貧国スーダンに乗り込みゲリラ撮影を試みた取材の途中、彼は思いもよらない現場に遭遇した。飢えと渇きで蹲る少女を背後からハゲワシが狙っていた。この地獄絵図とも言える現実を目の当たりにし、彼はシャッターを切った。そしてその時の写真がニューヨークタイムスに一面に載った。彼を待っていたのは賛美ではなかった。「どうして助けなかったのか?」という批判ばかりが彼の写真に、そして彼に向けられた。賞を受賞してより批判は強くなった。「カメラマンとしては満点でも、人間としてはマイナス10点」と揶揄さえるほど。事実はそうではなかった。彼は撮影後ハゲワシから少女を守っている。そして、この一人の少女を助けても、この国の貧困は解決されないことを彼は理解していた。彼に出来ることはカメラマンとして、報道者として、世間の第三者の目として現実を直視することであった。しかし、使命を全うした彼に向けられたのは批判の声だけだった。彼は現実、事実、世論、に苛まれ死という選択をした。


以上、走り書きではありますがザッと個人的な見解を載せてみました。ご意見、ご批判があればどんどん直していくつもりです。自身、彼のことを勉強中であり、またこのコミュニティも自身の卒論制作に役立てばという思いもあります。どしどしご意見くださいませ。よろしくお願いします。

最新情報

開設日
2005年10月24日
(運営期間3993日)
カテゴリ
学問、研究
メンバー数
147人
関連ワード