mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 【調教】

【調教】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月17日 15:48更新

【調教】



概要
一般的にはサーカスにおいて猛獣や動物を見世物にする際に行なわれる訓練を指す。その調教を行なう人間を調教師と呼ぶ。これは、衆人環視でも暴れないように人に馴れさせる(馴致)ことや人間の命令を聞くようにするために行なわれる。また人に馴れやすい家畜の一部にも行なわれることがある。近年ではウマ(競馬の競走馬、馬術)、ドッグショーにおける犬、または水族館のアシカやイルカショーの曲芸などで行なわれている。また、ペットの犬が言うことを聞かない場合などに専門の調教(この場合躾ということが多い)を行なうことがある。動物の意思と反することや手法の苛烈さ(たとえば競走馬の発馬調教において、ロープを用いて発馬機にくくりつけたり鞭で打ちつける手法が用いられる[1])などから、動物虐待と反論する声もある。


人間に対して
もともと動物向けの言葉なので、人間に用いる場合は侮蔑的な揶揄を含んだ言葉になる。そのため調教という用語を用いずにトレーニング、訓練という言葉を用いることが殆んどである。かつて行動主義心理学の立場においては刺激と行動を制御しようという考えが盛んであった。そのため信賞必罰を原則として、施行者にとって良い反応であれば、被訓練者に報償を与え、悪い反応であれば罰を与えるという古典的条件づけを行なうことで人間の行動も制御できるというS-R連合理論が生み出された。いわゆる躾(しつけ)も経験則的にこの考えに基づいたものである。


SMにおける調教
SMの世界では、前述の侮蔑的な意味を踏まえて人間に対し調教を行なう。これは世間の一般常識に慣らされてしまっている相手に対し、SM的手法による性的快楽を促すためのものである。羞恥心は誰もがもっているものであるが、その羞恥心によって性の喜びを享受しきれない場合もある。例えば鞭打たれることで快感を覚えることが変態性欲でありそれが異常だと思っている相手を、鞭打つことで快感を覚えることを恥じないようにすることを「調教」と呼ぶ。ただしあくまでSMプレイの範疇であり、精神的に追いつめると意図しない結果を招くこともある。一般的に肉体的精神的苦痛を受けた人間は、苦痛を与える人間に従順になりある程度の命令に従うようになる。その傾向が強くなると暴力ですら好意的にとらえ相手に依存感情を持つ場合すらある(ストックホルム症候群)。これはSMとは関係ない人間の適応機制の一種であり、防衛反応の一種である。

         (Wikipedia)より。

*SMのコミュではありません。
そちらの方は御遠慮下さい。

参加される前に必ず読んで下さい***
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=36853899&comm_id=3758783



*画像提供∬さん。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=18690290

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2008年10月16日

3562日間運営

カテゴリ
アート