mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > ロイズ保険組合

ロイズ保険組合

ロイズ保険組合

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリス議会制定法によって法人化された団体。ブローカーとおよびシンジケートを会員とするロイズ保険組合のことを指す。Corporation of Lloyd'sとして知られる。

ロンドンのロイズ本社ロイズ保険組合はブローカーとアンダーライターを会員とする自治組織であり、通常の保険会社と異なり、ロイズ保険組合自体が保険引受業務を行なうのではない。保険を引き受けるのは、無限責任を負うアンダーライターであり、ロイズ保険組合はロイズ保険ビルを所有し、取引の場(ルーム)と保険引き受け業務に関する事務処理サービスを会員に提供するために存在している。

この複雑な二重性はよく使われる「われわれは個人としてはアンダーライターだが、全体としてはロイズである」という言い回しにあらわされる。

会員は、従来、保険金の支払に上限を定めない無限責任を負う個人ネームだけだったが、1992年より有限責任の法人ネームの募集も始まり、現在に至っている。

ロイズの形態と名称は、もともと1688年ごろにエドワード・ロイドという人物がコーヒー・ハウスを開き、保険業者たちがその店にたむろして取引の場として利用していたことに由来する。エドワード・ロイドが死去したあと、取引の場を失った保険業者たちが資金を出し合って、人を雇って新たにロイズ・コーヒー・ハウス(ロイドのコーヒー店)と名づけたコーヒー店を自分たちのために開かせた。時代とともにコーヒー・ハウスではなくなったが、ロイズ(Lloyd's)という名前はそのまま残った。 


歴史
1688年ごろ、エドワード・ロイドがロンドンのタワー・ストリートにコーヒー・ハウス(ロイズ・コーヒー・ハウス)を開店。貿易商や船員などがたむろするようになった。ロイドは顧客のために最新の海事ニュースを発行するサービスを行い、店が非常に繁盛した。
1691年手狭になりロンバード・ストリートの中央郵便局の隣に移転する。次第に保険引き受け業者(アンダーライター)が集まるようになる。
1720年に南海泡沫事件が起き、ロンドンの証券市場は崩壊した。議会は泡沫法を制定し、保険引受業務を行える会社を勅許を受けた二社に限定した。しかし、個人の保険引受業者は規制しなかったため、ロイズに集まっていた個人の保険引き受け業者は競争相手となる保険会社が二社だけに激減したおかげで、かえって有利になった。
まもなく特許会社二社は不祥事を起こして海上保険から撤退し火災保険に主力を移したため、海上保険はロイズの独占となった。しかし、ロイズに有象無象の保険引受業者が集中した結果、ロイズには支払能力もない怪しげな業者が出入りするようになり、賭博保険が横行してロイズの評判を下げることになった。
まともなアンダーライターとブローカは事態を憂慮して、ウエイターのトーマス・フィールディングを雇って新ロイズ・コーヒー・ハウスを開かせ、純粋な海上保険を行う業者は新ロイズに移った。
アンダーライターたちはロイズ委員会を組織し、1773年にはコーヒー店を王立取引所の中に置くことを決定した。これにより、ロイズは保険取引が行なわれるコーヒー店の名前から、保険引受市場そのものへと転換となった。しかしロイズ委員会には不正を働いたアンダーライターを除名する権限や、支払能力のないメンバーの出入りを制限する権限がなかった。
1871年にロイズ委員会は議会に働きかけてロイズ法を制定させ、ロイズ委員会を法人化してロイズ組合となった。


ロイズの仕組み
ロイズでは個々のアンダーライターが直接保険取引を行なうのではなく、シンジケートと呼ばれる会社を通じて保険を引き受ける。アクティブアンダーライターあるいはリーディングアンダライターと呼ばれる保険引受業務を実際にロイズで行なうアンダーライターがシンジケートを組織し、他のアンダーライターは無限責任を持つシンジケートへの出資者としての形をとる。ロイズには300あまりのシンジケートがあり、海上保険や火災保険、盗難保険などそれぞれ得意とする分野の保険を引き受けている。中には、ネッシーが捕獲された場合の懸賞金などを保証するなど風変わりな保険ばかりを引き受けるので有名なシンジケートもある。 各シンジケートの保険引き受け能力は、出資するアンダーライターの人数と出資額によって決まる。

ロイズで保険をかけるにはブローカーを通じて行なう。ブローカーはスリップと呼ばれる保険証書を持って、ロイズのルームにいる各シンジケートのアクティブアンダーライターたちを回って交渉し、危険を分散するために複数のシンジケートに分割して保険を引き受けさせる。保険を引き受けたシンジケートは、支払いが生じたときのために他のシンジケートに再保険をかける。 被保険料収入はそれぞれのシンジケートに、保険料の引き受け割合に応じて分配される。 アンダーライターは保険証書の下に署名するところから名づけられた。名前を書くことからネームと呼ばれることもある。



ロイズ保険組合のコミュです。
興味のある方。関係者。どなたでも。

※TOP文章は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用です。

開設日
2005年10月22日
(運営期間3991日)
カテゴリ
会社、団体
メンバー数
58人
関連ワード