mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 旅行 > 南海線/空港急行愛用者

南海線/空港急行愛用者

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月28日 19:06更新

JRの関空快速なんかより走り方が圧倒的に速くてダイヤも正確・安心で便利,
ロングシートの通勤型タイプ一般車だが、南海の旧型電車は座席の奥行きが深くて座り心地が良く軌道側の強化工事も念入りに行われてるので乗り心地が良い,
関空リムジンバスには完全に負けるが運賃が安く何時でも気軽に乗れる,
関西空港には全く用事は無いが、何となく?南海の空港急行に乗ってしまう,

など、空港急行ユーザーの方々は御参加を!!

■空港急行の歴史

1994年6月15日に、従来の難波〜泉佐野・羽倉崎間に設定の春木にも停車する『-急行-』の定期列車を、開港前の従業員や見学客輸送の足として関西空港発着の『空港急行』に振り替えて運行開始,
空港の開港に合わせた同年9月4日ダイヤ改正より1時間辺り、朝ラッシュ時3〜5本・解散時3本・夕ラッシュ時4本の設定本数に増発し、難波〜関西空港の所用時間は当初は最速41分20秒という、停車駅数や当時の南海線/難波〜堺と泉大津〜泉佐野の急行以下の列車は最高運転速度105km/nであったと言う建前上を考慮すれば、かなりの高速運転であった,
1996年10月26日のダイヤ改正より天下茶屋へ停車になり、最速列車の所要時間は42分20秒にダウン,
1998年5月9日のダイヤ修正時に、南海線全体で輸送力調整が実施され、夕ラッシュ以降〜深夜帯の空港急行も8両列車が減少し全体利用客数の低迷と裏腹に特定列車で混雑が激化,
2001年3月24日の、一部ラピートαを除く全列車の天下茶屋・尾崎停車と阪和間優等列車を中心とする減便・鈍速化ダイヤ改悪に因り、空港急行は6両中心に減車され各所で実施の高架化工事影響で難波〜泉大津間他で速度低下,
2003年2月22日のダイヤ改正では急行系統を始めとする全列車で大幅な速度向上を実施!!空港急行も速度制限が無い全ての区間内で、連続110km/n目一杯以上で飛ばせる様に,
2005年11月27日の泉佐野・高架化完成ダイヤ改正で、余裕ダイヤ組込みとラッシュ帯を除き30分毎・上下列車共に岸和田で、サザンなど阪和間・特急列車待避を終日実施され大減便・速度ダウン,
2014年10月18日ダイヤ改正で昼間の急行系は空港急行のみに統一され岸和田での特急待避を廃止…改正前より最大4分短縮の43〜46分となり、JR関空快速を突き放してスピードアップ!!
2017年1月28日ダイヤ改正で再び8両主体の運行に増結!!

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2008年10月4日

3188日間運営

カテゴリ
旅行
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!