mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Lisa Batiashvili

Lisa Batiashvili

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年10月13日 20:54更新

Lisa Batiashvili (Elisabeth Batiashvili)
リーザ・バティアシヴィリ(エリザベート・バティアシヴィリ)

 ※N響のWebサイトでは リサ・バティアシュヴィリ と表記


【プロフィール】

グルジア出身のヴァイオリニスト(バイオリニスト)。

1979年、ヴァイオリニストの父とピアニストの母の間に生まれる。
4歳より父の手ほどきでヴァイオリン(バイオリン)を始め、ハンブルクでマルク・ルボツキーに師事。
ミュンヘン音楽大学ではユリア・フィッシャーやアラベラ・美歩・シュタインバッハーらを輩出したアナ・チュマチェンコに学ぶ。

1995年、第7回シベリウス国際ヴァイオリン・コンクールで第2位。

1999年から2001年までBBCの「New Generation Artists」に選出され、チェリストのアルバン・ゲルハルトやピアニストのスティーブン・オズボーンらと室内楽や協奏曲で共演。
ソリストとしても2000年と2002年のBBC Promsに出演している。

2001年、EMIからElisabeth Batiashvili名義でCD発売。

2006年、マグヌス・リンドベルイが彼女のために書いたヴァイオリン協奏曲を米国にて世界初演。ソニー・クラシカルより、シベリウスのヴァイオリン協奏曲とカップリングしたCDが発売され、「MIDEM Classical Award 2008」の協奏曲部門を受賞。

また、2007年5月にはベルリン・フィルの創立125周年記念コンサートに登場。サイモン・ラトルの指揮により、チェリストのトルルス・モルクと、ブラームスの二重協奏曲を披露した。

現在は夫でオーボエ奏者のフランソワ・ルルーとともにミュンヘン在住。

使用ヴァイオリンは、日本音楽財団から貸与された1709年製ストラディバリウス「エングルマン」。


【ディスコグラフィー】

Works For Violin & Piano: Brahms, Bach, Schubert (2001)
Olli Mustonen: Triple Concerto; Petite Suite; Nonets Nos. 1 & 2 (2001)
J. S. Bach: Bleibet Meine Freude (2007)
Sibelius & Lindberg: Violin Concertos (2007)
Mozart im Zentrum (2008)
Beethoven Violin Concerto & Tsintsadze 6 Miniatures (2008)


【公式サイト】

http://www.lisabatiashvili.com/

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 15人

もっと見る

開設日
2008年10月1日

3366日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!