mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 生き残るヤツ Born To Win

生き残るヤツ Born To Win

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年5月25日 15:39更新

70年代アメリカ映画の隠れた傑作。
麻薬中毒者の出口の無い状況をユーモアと悲哀、暖かみと冷徹さの微妙な均衡で描いた作品。1971年、真冬のニューヨークにてロケーション撮影敢行。
監督:Ivan Passer(イヴァン・パサー、又はイヴァン・パセル、又はアイヴァン パッサー)

長年ソフト化されていなかったが、2008/09に突然、(有)フォワードという謎の会社からわずか980円で発売!ジャケには誤植で『Bron To Win』の文字!ブロン??

http://www.amazon.co.jp/%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%AE%8B%E3%82%8B%E3%83%A4%E3%83%84-DVD-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC/dp/B001EMQRQO

海賊版のようなヒドい画質にヒドい音響、しかも本来92分あるはずの上映時間が83分に!
にもかかわらず、映画自体の素晴らしさは揺るがない!
主演:ジョージ・シーガル。


【Ivan Passer監督略歴】
○1933年チェコ、プラハ生まれ。高校退学後、煉瓦工や鋳造工など幾つかの職を転々とした後、プラハ映画高等学院(FAMU)で学び始めるが2年後、素性がユダヤ系であるという理由で退学に。だが退学後も映画界に留まり続け、助監督としてミロス・フォアマン等の作品についた。その後、フォアマンの共同脚本家(『ブロンドの恋』、『消防士の舞踏会』)を務めながら、処女長編『Intimni osvetleni(親密な照明)』を発表し批評家から絶賛を浴びる(69年にアメリカで上映され翌年ニューヨーク批評家協会賞受賞)。68年春、自作編集の為にイギリスに赴いていたところ、ソビエト軍がプラハに侵攻したため、アメリカで『パパ/ずれてるウ!』準備中のフォアマンに合流すべく渡米。

後年の代表作は1979年にユナイテッドアーティスツで撮った『Cutter's Way』。しかし本作は同時期に公開されたマイケル・チミノ『天国の門』の批評的、興行的失敗のあおりを食ってアメリカでは1981年まで公開されなかった。この作品は、片目、片腕、片脚を失ったベトナム帰還兵とその親友が協力して巨悪に立ち向かうという時代を10年逆行したかのようなバディフィルムであるとの事。ジェフ・ブリッジス出演。観たい!!

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 10人

もっと見る

開設日
2008年9月28日

3165日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!