mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > グループB

グループB

グループB

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2008年9月30日 23:04更新

研修での課題:店舗イメージ製作

自分達の手で店舗を企画しよう。

外食産業とは??
僕の知る限り、外食産業は寡占のない市場であり、差別化が進み、いわゆる棲み分けが進んでいる産業といえる。例えば、HDDプレイヤーにおけるアップル社のiPODの一人勝ちといった圧倒的な市場シェアを持つ会社は外食市場には存在しないし、差別化の方法も、料理の種類、価格水準や客単価、立地条件や店舗(空間構成)による差別化、味・品質などの統一と店舗イメージの統一による差別化(つまりマニュアルの作成)、人的サービスと社員教育の徹底といった様々な要素がある。ちなみに外食産業での市場シェア第一位は日本マクドナルドであるが、そのシェア率は1%に満たないものだったと記憶してます。

今回の研修で与えられた課題は、自由に店舗を企画しようというものでしたが、一つだけ制約があります。それは、ターゲットとする顧客は誰なのか?ということ。僕達のグループBでは、ターゲット顧客層は30代前半(男女)のサラリーマンと決まりました。この顧客の訴求しているものは何か、店としてどのようなコンセプトを持って展開していくのか。配られたレジュメから引用するならば、例えば30代前半でも、取引先との商談の場に使う時、会社帰りに少しだけ飲みたい時、休日に豪華にデートする時、など利用場面によって行く店は変わります。

今回店舗イメージとして具体的に考えることは以下の7点

・コンセプト
・出店地
・外装
・内装
・フードメニュー
・ドリンクメニュー
・サービスの特徴

ひとつだけ覚えておかないといけないことは、7つのうちに特にターゲットに対して何を提供しようとしているのか、そのコンセプトが一番重要だということ。当たり前なことですが、サラリーマンがワンコインで気軽に飲みに来れるような店づくりをしているはずなのに、オフィス街やサラリーマンが多く集まるような場所ではないところで店を構えていたり、外装や内装が思いっきり若者向けであったりすると、自分達がウリにしているものがあいまいになり、顧客をしっかり獲得することもできません。なので、ターゲットとする顧客は誰なのか、店のコンセプトは何なのか、これを常に意識して外装や内装、メニューやサービスを考える必要があります。

発表するまでに、レポートみたいな感じで7つのポイントをしっかりまとめていきたいと思ってます。その方がプレゼンするときにしゃべりやすいと思うし。まぁ、その辺りも含めて、しっかり連絡とりあいながら皆で詰めていけたらと思ってます。

分かりにくいことや疑問点、提案等、どんどんトピック立てしていきましょう。同期なんだし遠慮は無用。ではでは。分かりにくい文章で申し訳ない。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2008年9月23日

2998日間運営

カテゴリ
会社、団体