mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 渓斎 英泉(けいさい えいせん)

渓斎 英泉(けいさい えいせん)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年10月8日 21:07更新

 あのゴッホに模写(まんまトレース?)される程、モン凄ごぅ活躍しちょったが、春画の比重が強過ぎて、現代では旅の風上に立たたん孤高の絵師、渓斎 英泉のコミュニティ!



渓斎 英泉(けいさい えいせん。寛政3年〈1791年〉- 嘉永元年7月22日〈1848年8月20日〉)は、江戸時代後期に活躍した日本の浮世絵師。

画号は、渓斎、国春楼、北亭。亭号としては、一筆庵(いっぴつあん)、旡名翁(むめいおう、無名翁)など数号あり。戯作者(げさく-しゃ)としては可候(かこう)を名乗る。

独自性の際立つ退廃的で妖艶な美人画で知られ、春画と好色本にも作品が多い。 その一方で名所絵(風景画)にも定評があり、『木曽街道六十九次』では歌川広重と合作している。


生涯

江戸市中の星ヶ岡にて、下級武士の子として生まれた。 本姓は松本であったが、父・政兵衛茂晴が池田姓に復して以後、池田を名乗る。 本名は義信。字(あざな)は混聲。俗称、善次郎。のち、里介。 6歳で実母を失っている。


 狩野派、仕官、狂言作者見習い

12歳から狩野白桂斎(かのう はっけいさい)に画技を学ぶ。 15歳・元服を機に、安房北条の水野壱岐守忠韶(みずの いきのかみ ただてる)の江戸屋敷に仕官するも、侍奉公には不向きか、17歳の時に上役と喧嘩沙汰となり、讒言(ざんげん)によって職を追われている。 浪人となった善次郎は父の知り合いのつてで、市村座の歌舞伎・狂言作者であった初代篠田金治(後の並木五瓶〈なみき ごへい〉)に狂言作者見習いとして師事することとなり、千代田才一(才市とも)を名乗っている。


浮世絵師

ところが20歳の時、父と継母が相次いで亡くなり、3人の妹を一人で養う身となって、狂言作者の道は挫折を余儀なくされる。 この時、先の水野家に仕える多くの血族からの支援もあったが、善次郎はそれでよしとせず、深谷宿にて浮世絵師・菊川英山(きくがわ えいざん)の門人格として本格的に絵筆を執ることとなる。 そして、ここからが善次郎の才能の発露であり、浮世絵師・渓斎英泉の始まりであった。 「国春楼」および「北亭」の号もこの時に使い始める。 師の英山は4歳年上でしかない兄弟子のような存在ながら、可憐な美人画で人気の絵師であった。 英泉は英山宅の居候(いそうろう)となって門下で美人画を学びつつ[1]、近在の葛飾北斎宅にも出入りし、私淑[2]をもってその画法を学び取っていく。 また、宋・明の唐画を好み、書を読み耽ることを趣味とする人でもあった。

なお、北斎に先駆けて日本で始めてベロ藍[3]を用いた藍摺絵(あいずり-え)を描いたのは、英泉である。

英泉の画風に多くを学んだ絵師としては、歌川国貞を挙げることができる。 これは、当時の批評家にしてすでに言われていることであった。


戯作者・絵師

文筆家にして絵師である英泉は、数多くの艶本(好色本)と春画を世に送り出しており、これを抜きにしては語れない。 千代田淫乱の名で最初の艶本『絵本三世相』を発表したのが22歳の時。24歳の時には同じく『恋の操(こい-の-あやつり)』を発表している。 当初は英山の影響を受けて可憐に描いていた美人画のほうも、この時分から英山色を脱して独自の艶を放つようになり、それに連れ、評判を取るようにもなっていた。 妖艶な美人画絵師としての英泉はこの分野で磨かれていく。

文化13年(1816年)、26歳の時には、北斎から譲られた号「可候」をもって、合巻『櫻曇春朧夜(はなぐもり はる-の-おぼろよ)』を発表。 挿絵とともに本文も自ら手掛けることとなる。 艶本は毎年のように作られ、さまざまな隠号をもって人気本を世に送り出すなか、傑作と名高い『春野薄雪』も文政5年(1822年)に著された。 また、同じく文政5年の代表作である艶本『閨中紀聞 枕文庫』は、当時の性の医学書・百科事典にして性奥義の指南書であり、同時に、奇書の中の奇書として知られている。

30歳ごろからは人情本や読本の挿絵も手掛け、曲亭馬琴の『南総里見八犬伝』の挿絵も請け負っている。

文政12年3月には、大火による類焼で家を失った上、縁者の保証倒れにも見舞われる英泉であったが、酒と女を愛す放蕩無頼の人、奇行めいた人である。根津の花街に移って若竹屋里助と名乗り、女郎屋の経営を始めていた。

 文筆家としての晩年

娯楽全般に厳しく統制される天保の改革の時勢を迎えたのちは、画業はもっぱら多くの門人に任せて自らは描く事をやめ、一筆庵可候の号をもって合巻や滑稽本を主とする文筆業に専念した。 この、晩年の英泉によって著された『无名翁随筆』(無名翁随筆。天保4年〈1833年〉、池田義信 名義)は、「続 浮世絵類考」と俗称され、考証学的にも優れた浮世絵の貴重な資料として今日に伝わっている。 また、人情本をよくする戯作者・為永春水(ためなが しゅんすい)とよしみを通じ、彼の代筆者の一人との説もある。

嘉永元年7月22日(1848年8月20日)、齢58で亡くなった。

主な門人に、英春(えいしゅん)、春斎英笑(しゅんさい えいしょう)、米花斎英之(べいかさい えいし)、英斎泉寿(えいさい せんじゅ)、貞斎泉晁(ていさい せんちょう)、紫領斎泉橘(しはんさい せんきつ)、嶺斎泉里(れいさい せんり)がいる。


画風

美人画

浮世絵師としての英泉は、当初、師・英山が描くような儚(はかな)げな女性の美人画を描いていたが、その後、独自の妖艶な画風で人気を博することになる。 6頭身で胴長、猫背気味という、屈折した情念の籠(こも)った女性像が特徴である。 また、下唇が厚く、下顎(したあご)が出たような顔も特徴的と言える。

英泉は、深川のような岡場所や吉原遊廓の女を、妖艶さと強い意志を湛(たた)えた眼差しを持つ女性として描いた。 英泉の描いた美人画は、江戸時代の後期、文化・文政期の退廃的な美意識を象徴的に表していると考えられている。 それは“えぐみ”と言われる、既存の美意識を逆転させたところに美を見出す点で、時代の感覚と符合した。 そのような女性美を妖艶に描き出したところに、英泉の才能があったと言えよう。

名所絵

美人画で一世を風靡し、春画で知られる英泉であるが、名所絵(風景画)にも定評がある。 英泉と歌川広重が合作のかたちで天保6年(1835年)ごろ完成させた『木曽街道六十九次』は、全72図のうちの24図が英泉の筆による。 広重の『東海道五十三次』シリーズの成功を受け、版元の竹内孫八が新たに企画したもので、当初、英泉が絵師を務めていたが手を引き、広重に引き継がれた経緯がある。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 44人

もっと見る

開設日
2008年9月21日

3352日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!