mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > 新型ディーゼル車

新型ディーゼル車

新型ディーゼル車

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◎コモンレールハイテク技術◎によるディーゼル車。
http://www.denso.co.jp/CARPARTS/japan/product/engine/di/di9.html

http://www.bp-oil.co.jp/mechanic/mm011.html

http://www.denso.co.jp/ja/environment/story/no2/3par.html
**********************************************
嘗てのディーゼルの悪いイメージの時代は終焉した。
★新型ディーゼルエンジン★の幕開けである。!!
**********************************************

ガソリン車によるハイブリッド車に対して近未来のスーパーニューディーゼルエンジン。何といってもディーゼル車はパワフル。

ガソリン車の全盛期は衰退し、ガソリンと電気のハイブリットに移行していく現代。しかし、コストとパワーでは☆新型ディーゼル車☆が優位である。

次世代ではこの新型ディーゼルにハイブリッドが合体して、ディーゼルハイブリッド車がお目見えするという事。 

環境にやさしい燃料電池車は1億円と庶民には手の届かない超高級車。一般大衆車になるまでは技術的な課題が多くあと数十年は掛かるらしい。

マツダ
http://response.jp/GIGAINDEX/recent/290.html

◆既にトラックでは日野自動車が国内を走っている。
http://www.hino.co.jp/j/brand/lp_tech/cmnrail/index.html
■mixiディーゼルエンジン関連コミューニティ

ディーゼル乗用車
http://mixi.jp/view_community.pl?id=238302

DIESEL(ディーゼル)<旧態タイプ>
http://mixi.jp/view_community.pl?id=238302

バイオディーゼル車
http://mixi.jp/view_community.pl?id=333939

超低PM排出ディーゼル車85%低減
http://mixi.jp/view_community.pl?id=227936

○番外編○
水素エネルギー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=319757
水素&メタンエンジン
http://mixi.jp/view_community.pl?id=384976
バイオガスプラント
http://mixi.jp/view_community.pl?id=82306

かわいいディーゼルエンジンの歴史
ディーゼル車比率と排出ガス規制の変遷
ディーゼルエンジンには、ガソリンエンジンに比べてCO2の排出量が少なく、燃費性能も良いという面があります。CO2排出による地球温暖化が長年問題視されてきた欧州市場では、燃費の良さや長距離・高速移動を得意とする動力性能の良さから普及が拡大し、今では新車販売の50%以上をディーゼル乗用車が占めるまでに成長しています。

一方日本市場では、高度成長期により公害問題が表面化した後、大気汚染や健康被害の原因と考えられる有害物質(NOxやスス)を含むディーゼルエンジンの排出ガスが問題視され、「ディーゼル車=環境に悪い」イメージが強くもたれていました。保有比率でみると一時は約11%もあったディーゼル乗用車の国内シェアは、今では1%程度に留まっています。

排出ガス規制については1990年代以降、自動車NOx法をはじめディーゼル車の排出ガス規制は年々厳しくなり、現在敷かれているポスト新長期規制では初期の規制に比べると、NOxは84%減、ススは98%減という世界水準で見ても非常に厳しいものになっています。


かわいいクリーンディーゼルエンジンの誕生
厳しい排出ガス規制をクリアするために、ディーゼルエンジンは革新的な進歩を遂げてきました。 特に1997年頃より普及した新しい燃料噴射技術「コモンレールシステム」により、排出ガスのクリーン化や走行時の静粛性が向上し、新たにクリーンディーゼルとして生まれ変わりました。コモンレールシステムとは高圧の燃料噴射システムで、燃料をシリンダーに噴射する前にコモンレールという筒の中に超高圧で貯めておき、コンピューター制御で最も燃焼効率が高まるタイミングで噴射します。微細な霧状になった燃料はまんべんなく燃焼され、不完全燃焼によるNOxやススの発生を防ぎます。マツダでも1998年に日本車として初めてMazda626(日本名:カペラ)にコモンレールシステムを採用し、いち早くクリーンディーゼル車を欧州で発売しました。

さらに、エンジン本体で浄化しきれなかったNOxやススを排気前に浄化する後処理技術も進化しました。具体的には、フィルターを使いススを集めて燃やす「DPF(Diesel Particulate Filter)」、触媒による化学変化を利用してNOxやススを低減する「NOx吸蔵還元触媒」、排気ガスに尿素水を吹きかけて化学反応によりNOxを削減する「尿素SCR(Selective Catalytic Reduction)」などがあります。

これらの技術を採用することで、トルク、燃費、CO2排出量などでガソリン車より優れていたディーゼル車は、排出ガスのクリーン化でも劣らない性能を実現しました。

車(セダン)存亡をかけた“小メーカー”の生き残り戦略 ボルボの新世代ディーゼル
 http://blogos.com/article/124930/?p=2

開設日
2005年10月19日
(運営期間3997日)
カテゴリ
車、バイク
メンバー数
507人
関連ワード

おすすめワード