mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 最澄 767〜822 天台宗 

最澄 767〜822 天台宗 

最澄 767〜822 天台宗 

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■コミュ説明
最澄に少しでも関心のある方のコミュニティーです。

■最澄 ( さいちょう ) 767〜822

以下、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E6%BE%84を若干編集しました。

神護景雲 元年8月18日 〜 弘仁13年6月4日(822.6.26)。
平安時代の僧。日本の天台宗を開く。
近江国滋賀郡古市郷(現 滋賀県大津市)に生れる。
俗名は三津首広野(ミツノ オビト ヒロノ)。

・12歳 近江国分寺に入り 行表(ギョウヒョウ)の弟子となる。
・14歳 国分寺僧補欠として得度し名を最澄と改めた。
・19歳 (785年(延暦4年))東大寺で具足戒を受ける。
  同年7月 比叡山に登り山林修行に入り 大蔵経を読破。

・797年 内供奉(ナイグブ)十禅師。
・802年 高雄山寺(神護寺)法華会(ホッケエ)講師。
  入唐求法(ニットウグホウ)還学生(ゲンガクショウ 短期留学生)
  に選ばれる。

★804年7月 通訳に門弟の義真を連れ
  空海とおなじく九州を出発。9月明州に到着。
  天台山に登り 湛然の弟子の道邃(ドウズイ)と
  行満(ギョウマン)について天台教学を学ぶ。
  更に道邃に大乗菩薩戒を受け
  翛然(シュクネン)から禅、
  順暁(ジュンギョウ)から密教 を相承する。

・805年5月 遣唐使とともに帰国し 7月上洛。
  滞在中に書写した経典類は230部460巻。
  帰国当時 桓武天皇は病床にあり
  宮中で天皇の病気平癒を祈る。

★806年1月 最澄の上表により
  天台業2人が年分度者となる
  (止観(シカン)業1人・遮那(シャナ)業1人)。
  これは南都六宗に準じる。
  これが日本の天台宗の開宗である。
  このころ 空海から
  真言・悉曇(シッタン、梵字)・華厳(ケゴン) の典籍を借り
  研究する。
★812年冬 弟子の 泰範・円澄・光定(コウジョウ)らと
  高雄山寺におもむき 空海から灌頂(カンヂョウ)を受ける。
★813年11月 最澄が 「理趣釈経」の借用を 申し出たが
  空海は 「文章修行ではなく実践修行によって得られる」
  との見解を示して拒絶。以後交流は相入れなかった。

・815年 和気氏の要請で大安寺で講説。
  南都の学僧と論争。その後東国へ旅立つ。
  関東で 鑑真ゆかりの
  上野の緑野(ミトノ)寺・下野の小野寺
  を拠点に伝道を展開する。
・818年 みずから具足戒を破棄。
  『山家学生式』(サンゲガクショウシキ)を定め
  天台宗の年分度者は比叡山において
  大乗戒を受けて菩薩僧となり
  12年間山中で修行することを義務づける。
・822年6月26日(弘仁13年6月4日) 比叡山の中道院で没。
  没後7日目 大乗戒壇設立は
  弟子の光定と、藤原冬嗣・良岑安世の斡旋により勅許。
・866年(貞観8年)伝教大師の諡号(シゴウ)が贈られた。

↓友好提携のコミュです。こちらもご覧になってください↓
[比叡山 延暦寺]
http://mixi.jp/view_community.pl?id=692639
  

開設日
2005年10月19日
(運営期間4000日)
カテゴリ
学問、研究
メンバー数
300人
関連ワード

おすすめワード