mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > omega red.

omega red.

omega red.

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動くオメガレッド。


名称: アルケイディ・ロソビッチ。
通称はオメガレッド或いはオメガ。

Story :
およそ30年前アメリカとの冷戦状態にあった旧ソ連政府はキャプテン・アメリカ等科学の力で生み出された超人兵士に対応する自前の超人兵士を生み出すための被験者を探していた。被験者に選ばれたロソビッチはソ連最初の超人兵士としてベルリンで改造処置を受けていた。各国から集められた精鋭工作員3名、カナダ出身のローガン(後のウルヴァリン)・出身不明のビクター・クリード (後のセイバートゥース) 及び西ドイツ出身の”自由の闘士”デビット・ノース (仮名らしい) から成るチームXはソヴィエト超人兵士計画に参加している西側の二重スパイジャニス・ホレンベックの救出及びカーボナディウム合成機の奪取による超人兵士計画の妨害任務を帯びてかの地に潜入した。彼らは合成機の奪取には成功したものの狂乱したクリードによってジャニスは殺害されてしまった。この時既にロソビッチ=オメガは完成、起動していたが戦いに飢えていたクリードは彼にテルミット手榴弾を浴びせ勝負はおあずけとなった。このミッションの不始末を追求されたクリードはチームを離脱、これをきっかけに3人は別々の道を歩むこととなった。完成はしたもののオメガの機能制御に必要なカーボナディウム合成機なしには彼の「致命的な」戦闘能力を制御しきれないと判断した軍部は、オメガを凍結させて封印し彼の存在はそのままソヴィエトの崩壊まで忘れ去られてしまったのであった。
現在。マグニートーの放った電磁パルスによって機能を麻痺させられた旧ソヴィエトのシステムを掻い潜りオメガを奪った将軍は「日本のビジネスマン」にしてニンジャ集団ザ・ハンドの首領マツオ・ツラヤバに殺害され、オメガは彼の手に渡った。数十人のニンジャの命を吸い取り復活を果たしたオメガはハンドとドイツに第4帝国を築かんとする双子の兄妹フェンリスとともにベルリンに渡った。オメガの能力を制御し彼の命を生き永らえさせるため、ハンドはオメガに拮抗する能力を持つウルヴァリン捕獲を計画した。ハンドとオメガはX-MENとともにいたウルヴァリンの身柄を首尾良く奪取したもののそれを察知したX-MENブルーチームはミュータント探知機セレブロの情報を元に彼を追ってベルリンに飛んだ。
しかし彼らはサイロックの裏切りとオメガのパワーに屈し、全員が囚われてしまった。一方ウルヴァリンはハンドとフェンリス、さらにウェポンX計画でウルヴァリンの改造に着手した科学者コーネリアス博士によってそのミュータント・パワーを分析されていた。彼の持つ無限の生命力、ヒーリング・ファクターを人工的に合成できないことを知った彼らは次いで彼に失われたカーボナディウム合成機の行方を尋問したが、皮肉にもウルヴァリンの記憶はウェポンX計画によって混乱させられていた。そこに現れた男マーベリックはウルヴァリンを連れ去った。彼はウルヴァリンが事件の記憶を無くしていたことを知り驚愕したものの、二人はひとまず共同戦線を張ることとなった。
ハンドとフェンリスのもとにはウルヴァリンを付け狙うセイバートゥースが現れていた (彼もまたこの一連の事件の記憶を失っていた)。彼はサイロックとともにマーベリック・ウルヴァリンを迎え撃ちウルヴァリンは捕らえられた。再開された激しい拷問の末、限界を超えた怒りに突き動かされたウルヴァリンは自力で拘束を解きハンド・フェンリスと死闘を展開。一方暗示を解いたサイロック、彼女に洗脳されたセイバートゥース、マーベリックの3人はX-MENを救出。彼らとオメガも死闘に参加し、アジトは崩壊、こうして戦いは終わった。
その後ベルリン郊外の墓場にウルヴァリンの姿があった。彼は記憶を一部取り戻し、自分がジャニスの墓に合成機を隠したことを思い出したのである。遅れ馳せながらそれに気づき駆けつけたマツオであったが、ウルヴァリンは彼の右手を切り落とすのであった。ハンドに同行していたコーネリアス博士は自戒の念に駆られ、自らの過去の過ちであるウルヴァリンを殺そうとしたが、マーベリックによって阻止され殺害された。ウルヴァリンはマーベリックを過去の友、デビット・ノースと気づかぬまま彼に合成機を手渡すのであった。
 オメガはこのあと組織に属さずフリーとなったようである。ロシアで暴れた彼はX-MENブルーチームと再激突し、この戦いでコロッサスの両親は死亡してしまった。

身長2m弱 (かなりの巨体)、体重不明。

交友関係:
現在はフリーなので特になし。

能力:
超人級の怪力とメタ人間レベルの俊敏性に加え驚異的なスタミナと耐久力を兼ね備えており、それらに基づく極めて高い挌闘能力を誇る。彼の最大の能力は全身から放射される致死性のフェロモンである。これは周囲の人間から急速に生命力を奪い、やがては死に至らしめる恐るべき能力である。この致死因子 ”デス・ファクター” を敵に効率的に注ぎ込むために、彼の両腕には超合金カーボナディウム製のコイルが埋め込まれており彼は必要に応じてこれを引き出し意のままに操ることができる。またコイル自体も驚異的な破壊力を有している。だがデス・ファクターを自在に制御し、他者の生命力を奪い取る以外の方法で自身の生命を永らえさせるためには彼の身体により以上のカーボナディウム供給が必要であるらしくそのため彼はC合成機を求めていた。

最新情報

トピック

開設日
2005年10月19日
(運営期間4000日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
82人
関連ワード