mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > sabretooth.

sabretooth.

sabretooth.

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動くセイバートゥース。



名称:ビクター・クリード。
暗殺者としての通り名がセイバートゥース。古代の獣、セイバートゥース・タイガー (剣歯虎) にちなんだものであろう。AOAではローガン (ウェポンX) に「ビック」と呼ばれていた。

Story :
推定年齢はウルヴァリンと同じ (80-100位?) 程度であろう。
本来彼はおとなしく優しい子どもであった (少年期の年代は不明) が彼の両親が生まれつき獣のような外見と能力を持つ彼を疎んじて地下牢に閉じ込め、人間性を排除された環境で彼は幼少期を過ごすこととなった。その過酷な仕打ちによって現在のような凶暴な性向が確立したものと推定されている。
ウルヴァリン同様に30年ほど前にローガン、マーベリックとともにチームXとして諜報活動を行っていたのが最初の明確な記憶のようである。しかし二人にはそれ以前に共通した記憶として100年ほど前にカナダで「親子として」暮らしていたという過去があったという話もあった。その記憶においては父親であるクリードは息子であるローガンの恋人を殺したという (この事件は実際にはなかったということに現在ではなっている。ただし、数年前に彼は本当にその女性: シルバーフォックスを殺している) 。この事件が両者の対立の原体験となっているのであろうか?チームXを抜けた後にこれまたウルヴァリン同様にカナダ/CIA共同の超人兵士計画ウェポンXに徴用されそこで彼は強化処置を施された(措置の内容は不明。少なくともウルヴァリンのような目に見える変化はない。ウルヴァリン同様精神面にはかなり手を加えられたらしいが) 。その後の彼の足取りは定かではないが次にローガンの目の前に現れた際には既にスパイダーマンやデアデビルと戦って、ヴィランとしてのキャリアを重ねていた。またこの空白の時期或いは諜報員時代に、彼はミスティークとの間に息子 クレイドン・クリードをもうけている。またおそらくは、X-MENのナイトクローラーの実の父親も彼であろう。
ウルヴァリンと彼は、X-MEN史上最悪の虐殺事件「ミュータント・マサカー」にX-MEN/マローダーズの一員として参加し再会。二人は激しく争ったがそこでは決着はつかなかった。その後も二人は幾度となく命を懸けた戦いを繰り広げたがマグニートーにアダマンチウムを抜き取られたウルヴァリンが一時戦線を離脱したように、セイバートゥースも大きな試練を迎えることになった。
セイバートゥースは自分の殺人衝動やこれまで犯してきた罪の意識に苛まれ続けていたが、相棒のテレパス、バーディーにその罪悪感を取り除いて貰うことで精神のバランスを保っていた。しかしそのバーディーが人間として生まれ、ミュータントの父親を激しく憎むクレイドンによって殺害されてしまった。彼女に換わるテレパスを探したものの見つけることのできなかったクリードは自暴自棄になってプロフェッサーXに心理治療の助けを求めた。 X−マンションに幽閉された彼は一度は脱走して「ファランクス・キャビナント」事件に参加しバンシーを助けて新世代のミュータント達を救い、再びX−マンションに戻った所で同じく自分探しの旅から帰還したウルヴァリンと再会し、ここで再度激突した。この戦いではセイバートゥースの脳を串刺しにして、ウルヴァリンが勝利を収めたのであった。重傷を負った (死なないのがすごい) 彼はX-FORCEのブーン・ブーンの献身的な看護で復活したが復活した直後、狂乱した彼はサイロック等に瀕死の重傷を負わせX−マンションを逃亡した。その後は X-FACTORでフォージに ”首輪” (どうも反抗すると酷い目に遭うらしい) を付けられ嫌々ながら夫婦ともども (尤もミスティークはフォージと付き合うらしいが) X-FACTORの一員として活動していた。またこの時期にはカナダの超人チームから移籍してきた野獣のような青年カイル・ギブニー (ワイルド・チャイルド) とチームを組んだりしている。しかし首輪の痛みにも順応した彼は メンバーを半殺しにして逃走 (ついでにミスティークも逃走)。その後はどうやってか? 骨にアダマンチウムを埋め込みその強さに磨きをかけて再登場した。ウルヴァリンの結婚式にも乱入し大騒ぎになったらしい。折角アダマンチウムを入れてパワーアップしたのも束の間、彼はアポカリプスに洗脳されたウルヴァリンとアポカリプスの4騎士”デス”の座を賭けて争い、またも宿敵に敗れてしまった。その結果アダマンチウムは剥ぎ取られ、ウルヴァリンに移植された。

身長2m以上。体重150kg程度?

交友関係:
バーディ(元秘書)(http://mixi.jp/view_community.pl?id=544881 )。ミスティーク (元奥さん)。

能力:
ヒーリングファクターによるウルヴァリン同様の不死身性とずば抜けた体力を有する。メタ人間レベルの、しかもウルヴァリンを遥かに超える腕力と鋭い爪と牙、肘の凶器等を自在に操るその総合格闘能力は極めて高い。

最新情報

トピック

開設日
2005年10月19日
(運営期間3998日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
98人
関連ワード

オススメゲーム

人気コミュニティランキング