mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > captain america.

captain america.

captain america.

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動くキャプテン・アメリカ。


名称: スティーブ・ロジャーズ 俗称は”キャップ” 。

Story:
1941年、ナチスの脅威に対抗するために米国では「超人兵士計画」が推進されていた。病弱で徴兵検査を落ちたが諦めきれない愛国野郎スティーブは将軍の目に留まり「オペレーション・リバース」の被験者に選ばれた。彼はアースキン博士の超人血清によって超人的な体力を得たが博士はナチスに殺され、生み出された超人兵士は結局彼一人となった。大戦中に数多くの戦功を挙げ国民的ヒーローとなった彼だが1945年北大西洋上で爆発する飛行機から投げ出され、その後数十年間に渡って海底で仮死状態となっていた。そしておよそ10年前、ヒーローチームアベンジャーズにより発見され仮死状態を解かれた彼は程なくチームのリーダーに収まり最近では超人血清の副作用で生じた死の危険をも克服して今に至るまで自由と理想を信じて戦い続けている。
 ヒーローズ・リボーンではそのオリジンこそ原作同様であるが、米軍が広島・長崎に原爆を投下したことを支持するよう時の大統領 (トルーマン) に要求されたがそれを断り、そのために彼の国民への影響力・発言力を怖れた政府が彼の記憶を操作してしまったという話になっている (但しリボーン最終話では原爆反対のエピソードは”ウソ”ということになった。これは政治的配慮ではないかと思うが。) 。その後彼は (冬眠せず、しかし超血清の効果で老化しないまま) 朝鮮戦争・ベトナム戦争にも一兵士として参戦し、平時には偽りの家族を与えられながら監視付きで様々な職業を転々とさせられていた。不憫な。

交友関係:
アベンジャーズ、ファルコン、その他にも多くのヒーローに尊敬されている。

能力:
超人的体力。とはいえソー(http://mixi.jp/view_community.pl?id=365586 )やアイアンマン、ハルクのような超人レベルの腕力には程遠い。せいぜいメタ人間レベルであろう。超人化の直後に自由世界有数の格闘技術と戦術兵法の指導を受けている。装備はコスチュームとシールドのみが基本だが銃等も使うときには使うらしい。コスチュームはよく見るとツブツブしている。鱗状の装甲を鎖帷子の様に繋げたものらしい。額の”A”マークはヒーローズ・リボーン当初は鷲のマークだった。これは彼が当初政府の道具であったことを暗に示している。シールド(http://mixi.jp/view_community.pl?id=784310 )は偶然精練された極めて特殊な合金 (ビブラニウムとアダマンチウム) 製で、絶対壊れない。「ヒーローズ・リターン」後早々にシールドを海に落してしまい、しばらくの間はガンダムF91のような”エネルギー・シールド”を使用していた。

最新情報

トピック

開設日
2005年10月18日
(運営期間3997日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
165人
関連ワード