mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 極東軍事裁判

極東軍事裁判

極東軍事裁判

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月25日 20:04更新

東京裁判の真の被害者は「法の真理」だった!判事11名の中ただ一人日本無罪を主張したパール博士。判事中唯一の国際法学者だった彼は、国際法に拠らず、事後法によって行われた裁判を、戦勝国による「リンチと何ら変わらない復讐」であり、違法裁判であると非難した。後にその主張は世界中で高く評価された。本書は、パール判決文を中心に、マッカーサーも認めた「東京裁判の不正」を問う。多くの日本人が信じて疑わなかった東京裁判史観と、戦後日本人の歪んだ贖罪意識にメスを入れる不朽の名著を復刊。(内容は「BOOK」データベースより)

パール判事の日本無罪論 小学館文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094025065/qid%3D1117102636/249-7700939-1597114

はじめまして!などのご挨拶は、
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=2487780
  
<極東軍事裁判(東京裁判)>

パール判事は、この裁判が最初から日本を侵略国と決め付けていることに不快感を示した。そしてこの裁判の本質は連合国側の政治目的を達成するために設置されたに過ぎず、日本の敗戦を被告達の侵略行為によるものと裁く事によって、日本大衆を心理的に支配しようとしていると批判した。さらに、検察側の掲げる日本の侵略行為の傍証を、歴史の偽造だとまで断言した。かつて欧米諸国がアジア諸国に対して行った行為こそ、まさに侵略そのものであると訴え、全被告を無罪だと主張した。

<パール判事の判決を聞いて 殉難者が遺した歌>

 東條英機
 百年の後の世かとぞ思いしに 
 今このふみを眼のあたりに見る

 板垣征四郎
 ふたとせにあまるさばきの庭のうち このひとふみを
 見るぞとうとき すぐれたる人のふみ見て思うかな 
 やみ夜を照らすともしびのごと

 木村兵太郎
 闇の夜を照らすひかりのふみ仰ぎ 
 こころ安けく逝くぞうれ志き

<その後のパール博士>

1950年10月、パール博士は二度目の来日をされた。約1ヶ月間の滞在中に次の言葉を残されている。「この度の極東国際軍事裁判の最大の犠牲は[法の真理]である。我々はこの[法の真理]を奪い返さねばならぬ。」
 
「例えば今朝鮮戦争で細菌戦がやかましい問題となり、中国はこれを提訴している。しかし東京裁判において法の真理を蹂躙してしまったために《中立裁判》は開けず、国際法違反であるこの細菌戦ひとつ裁くことさえできないではないか。捕虜送還問題しかり、戦犯釈放問題しかりである。幾十万人の人権と生命にかかわる重大問題が、国際法の正義と真理にのっとって裁くことができないとはどうしたことか。」

「戦争が犯罪であるというなら、いま朝鮮で戦っている将軍をはじめ、トルーマン、スターリン、李承晩、金日成、毛沢東にいたるまで、戦争犯罪人として裁くべきである。戦争が犯罪でないというなら、なぜ日本とドイツの指導者のみを裁いたのか。勝ったがゆえに正義で、負けたがゆえに罪悪であるというなら、もはやそこには正義も法律も真理もない。力による暴力の優劣だけがすべてを決定する社会に、信頼も平和もあろう筈がない。我々は何よりもまず、この失われた[法の真理]を奪い返さねばならぬ。」

「今後も世界に戦争は絶えることはないであろう。しかして、そのたびに国際法は幣履のごとく破られるであろう。だが、爾今、国際軍事裁判は開かれることなく、世界は国際的無法社会に突入する。その責任はニュルンベルクと東京で開いた連合国の国際法を無視した復讐裁判の結果であることを我々は忘れてはならない。」

「日本は独立したといっているが、これは独立でも何でもない。しいて独立という言葉を使いたければ、半独立といったらいい。いまだにアメリカから与えられた憲法の許で、日米安保条約に依存し、東京裁判史観という歪められた自虐史観や、アメリカナイズされたものの見方や考え方が少しも直っていない。日本人よ、日本に帰れ!と私は言いたい。」

「いまや英・米・仏・独など世界の法学者の間で、東京とニュルンベルクの軍事裁判が、果して正当か否かという激しい論争や反省が展開されている。げんに英国法曹界の長老ロード・ハンキーは<パール判事の無罪論こそ正論である>として『戦犯裁判の錯誤』と題する著書まで出版している。しかるに直接の被害国であり、げんに同胞が戦犯として牢獄に苦悶している日本においてこの重大な国際問題のソッポに向いているのはどうしたことか。なぜ進んでこの論争に加わらないのか。なぜ堂々と国際正義を樹立しようとしないのか・・・」

1966年10月(死去の前年)、パール博士は四度目の来日をされ、天皇陛下から勲一等瑞宝章を授与された。

上記は下記サイトより引用
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/0815-pal.htm

この東京裁判では、中国が人民をまとめるために利用している大嘘の 「南京30万人大虐殺」の罪でA級戦犯として処刑された松井石根大将も祀られてます。南京30万人大虐殺を真実だと必死に宣伝してる中国政府にとっては、小泉首相の靖国参拝によってこれらが否定されかねないとの思惑もあるように思います。

パール判事が東京裁判でただ一人、A級戦犯25名の被告に対して、全員無罪の判決を下したことは事実なんですが、日本ではほとんど話題になりません。また、教科書でも全く記載されてません。やはり日教組などの左翼が教育界を支配してる今の日本では無理なのかも知れません。

※全く関係ない話題や罵り合いは削除する事があります。
  mixi規定に違反する過度な差別用語の使用も同様です。
  どうかご理解下さい。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 3690人

もっと見る

開設日
2005年10月17日

4073日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!