mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > グルメ、お酒 > 洗い部

洗い部

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2009年4月15日 23:39更新

選手宣誓

「ぼくたち&わたしたち」(=洗い部)は
 巷に溢れる魑魅魍魎(ちみもうりょう)の穢した世界から
 きよやかな「僕たち&私たち」を取り戻すべく
 誠心誠意をもって
「今この場所 この空気」を
『洗イズム』(※1)に則って
 洗浄/洗濯し続けることを誓います。

平成20年9月12日 ー 洗い部一同


※1・・・洗イズム

洗うとは如何なる事か?以下。

あら・う【洗う】
水・湯や薬品をそそいだり その中ですすいだり などして、汚れやあぶらなどを落とす。「顔をー/波が岸をー〔=岸に寄せては返す〕/芋(の子)をーような混雑/時代の流れで、過疎の波に洗われる〔=過疎の影響を もろに受ける〕/身元をー〔=すっかり調べる〕/足をー〔良くない仕事をやめて、正業につく〕/血で血をー〔=→血〕/新緑の山を歩き、久しぶりに心が洗われる〔=俗事を忘れ、本来のあるべき自分を取り戻したような〕思いがした」

(新明解国語辞典 第六版より抜粋)

洗うとは
「水・湯や薬品」等を使用し「汚れやあぶらなどを落とす」ことである。
つまり、初めに汚れたものがあることを前提としている。
「汚れ」を「清潔なもの」へと移し替える作業である。
では、?移し替えられた「汚れ」は何処へゆくのだろうか?
そもそも?一番最初にあった「汚れ」とは如何なるものなのだろうか?
?「汚れ」として認識されるものと「汚れ」とは認識されないもの
の境界とは?

以下考察。

?“「汚れ」は何処へ消えた?”

 日頃、洗濯する際に使用する「洗剤」を思い浮かべて欲しい。
 ドロドロに汚れた衣服を〈驚きの白さへ〉洗浄する魔法の粉。
 しかし、取り扱いを誤れば非常に危険な薬品でもある。
 それは人類にとって、地球にとっても非常に有害な「汚れ」。
 一体、「汚れは」何処へいったのだろうか?
 それは、下水道。さらには下水処理場を経て海へと向かう。
 海は蒸発し、雨となって川の上流へと注ぎ込む。
 さぁ、大変。私たちが普段呑んでいる水は洗濯排水なのである!
 ミネラルウォーターを買っているって?
 チッチッチ、では貴方が毎日浴びているシャワーはどうかな?
 ご安心あれ!
 私たちには「下水処理場」という強い味方がついている!
 どんなに汚染された水でも、彼らの手に掛かればホーラ!
 安心して海に流せるよ!
(洗い部は、下水処理場で働く皆さんを応援しています。)


?“宇宙史上、最も古い「汚れ」とは?”

 宇宙は意志をもっているのだろうか?
 ビッグバン以来、宇宙(または神)が過ちを乗り越え成長してきたならば、
 宇宙に善意というものが存在するならば、
 悪意、すなわち「汚れ」も存在するだろう。
 137億年もの人生、もとい宇宙生を歩んできた彼は、
 何を「汚れ」と判断するだろう?
 生命の原則に則り、その多種多様性、
 複雑性を増大させることを重んじるならば、
 惑星が増えてゆくこと、宇宙が広がってゆくことには肯定的であり、
 惑星が減ること、宇宙が縮小することに否定的な感情を持つだろう。
 では彼にとって悪意、すなわち「汚れ」とは?
 人が環境や他人から危害を加えられない、
 言わばストレスフリーになった場合、本能はバランスを取るために、
 自らの体に口内炎、発疹などの症状を発現させる。
 宇宙にとって環境や他人(他宇宙)というものは確認出来ていないため、
 その内部から口内炎や発疹として発言するものが悪意、
 すなわち「汚れ」と言えるのではなかろうか。
 宇宙のことを真剣に考えても、正直答えは出づらい。が、しかし!
 その案件について明確な答えが出ない以上、
 案外「汚れ」とは完全にネガティブなものでは無いのでは・・・?
 昨今、「汚し」という手法をポジティブな意味で使用する場合がある。
 ダメージ加工やヴィンテージ加工など、現状よりも価値が上がる。
 「汚れ」を望む傾向が確かにある。
 完全にまっさらな状態にリセットするのではなく、
 過去を否定せず、より良い物をという気持ちが大切なのだろう。
(そんな気持ちが、洗い部にはあります。)


?“お前にとっては汚くても、俺にとってはキレイ”

 貴方はこういった場面に遭遇したことがあるだろうか?
 風呂に入った後、体を拭くバスタオル。
 命題。これを直ちに洗濯すべきか?否か?
 体を洗った後に使った物なのだから汚くはないだろう・・・。
 という意見の者。
 体を洗った後にせよ、何らかの「汚れ」を拭ったのだから洗うべき。
 という者。
 「汚れ」とは人の価値基準が大きく左右するものなのである。
 さあ、前者の考えを持つ者、心得るがいい。
 「汚れ」には、見えない闇が潜んでいる。それは「細菌・雑菌」だ。
 彼らを放っておくと、温度や湿度をエサにドンドン増殖してくる。
 食器用洗剤などのCMで用いられるCGには見覚えがあるだろう。
 問題は、「目に見えない汚れ」なのだ。
 さて、その「目に見えない汚れ」の一つに「心の汚れ」がある。
 これを侮ってはいけない。
 グローバリズムが進行し、資本主義思想に完全に浸食された世界。
 古き良き時代は音を立てて崩れた。
 上記の新明解国語辞典にこんな文が載っている。
 「時代の流れで、過疎の波に洗われる〔=過疎の影響をもろに受ける〕」
 洗われたのは、元来その地に住み続けてきた人々である。
 古い価値観は、「汚れ」なのだろうか? 新しい価値観は「薬」なのか?
 判断するのは誰なのだろうか? その「洗い」によって得られるものとは?
(洗い部は、良識を持って判断してゆきたい。)


以上をもって洗い部憲章とする。

随時部員募集中! マネージャーも募集中!

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2008年8月31日

3222日間運営

カテゴリ
グルメ、お酒