mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 牧野富太郎

牧野富太郎

牧野富太郎

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まきのとみたろう(1862〜1957)
植物学者

 高知県高岡郡佐川町で酒造家の長男として生まれる。小学校を中退し、家の資産を食いつぶして植物の採集と分類に没頭、財産を使い果たしたあとも、貧困に苦しみながら研究を続けた。そのため、独学・苦学の研究者として有名である。1884年に上京して東京帝国大学理学部植物学教室に出入りを許され、谷田部良吉や松村任三らと接した。その後、助手、非常勤講師を歴任した。しかし生活態度があまりにも奔放であり、他の研究室員から次第に孤立し冷遇されるようになった。このことが逆に、学歴がないゆえの差別であるとして世間の同情をひく要因になった。このエピソードは、日本の大学が講座制などの「近代的な」体制を強化していく過程で生じた犠牲を象徴的に示すものだともいえる。牧野は植物の種類に通暁し鑑定の的確なことでは他人の追随を許さず、日本の本草学を植物分類学へと転換した第一人者である。その反面、近代生物学の理論的な面はほとんど理解しなかった。主著『植物図鑑』(1908年)は何度か改訂改題を重ね、現在は『原色牧野植物大図鑑』として刊行されている。日本学士院会員(1950年)、文化功労者(1951年)、東京都名誉都民(1953年)などに選ばれ、文化勲章(1957年)も授与された。  参考文献『大百科事典』(平凡社, 1985)の「牧野富太郎」の項

【おもしろリンク】
高知県立牧野植物園
http://www.makino.or.jp/

都立大学牧野標本館所蔵タイプ標本データベース
http://wwwmakino.shizen.metro-u.ac.jp/database.htm

都立大学牧野標本館:シーボルト標本データベース
http://wwwmakino.shizen.metro-u.ac.jp/siebolddb/sbweb/index.html

佐川町コミュニティ(mixi)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=302360

開設日
2004年09月23日
(運営期間4390日)
カテゴリ
趣味
メンバー数
459人
関連ワード

おすすめワード