mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > ニキ・ラウダ

ニキ・ラウダ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月20日 15:25更新

ニキ・ラウダは1971〜79、1982〜85年にF1で活躍したオーストリア人ドライバー。
1975、77年にフェラーリで、84年にマクラーレンで計3度のタイトルを獲得。

1976年のドイツグランプリで事故にあい、瀕死の大火傷を負うものの、
わずか6週間後にはレースに復帰、見事に4位フィニッシュを飾りました。

1979年シーズンをもって一度は引退を決意するものの、
1982年にマクラーレンチームから復帰。
わずか3戦目で復帰後初優勝を飾るなど、
その速さとレースのうまさが健在であることを証明しました。

1984年には若く勢いのあるプロストとコンビを組み、
0.5ポイント差という僅差ながらもタイトルを勝ち取りました。


当時のF1は今と比べてドライバーの立場がかなり違います。
無線や高性能コンピュータなど存在せず、外からの情報はサインボードのみ。
またレース中の給油も普及しておらず、ドライバーは常に燃費も気にしなければなりませんでした。(レース終盤でガス欠によってリタイアするシーンもよく見られました)
マシントラブルも現代より圧倒的に多発しており、
よりマシンをいたわる走りが要求されていたようです。

一方で、現代F1は平均スピードも上がっているだけでなく
スタートからフィニッシュまで全力疾走が求められますから、
体力的な面ではより厳しいという話も聞きます。
最近ではベテランと呼ばれるドライバーが若手に簡単に負けてしまうのは、
経験よりも若さや体力が要求されるようになっているからかもしれません。

少し前のF1に興味を持った方、ニキ・ラウダファンの方はぜひ参加してください。








検索用:
F1 F-1 Lauda アンドレア・ニコラウス・ラウダ アラン・プロスト マクラーレン ブラバム フェラーリ ルノー アルファ トールマン ベネトン ビルヌーブ ヴィルヌーブ ケケ・ロズベルグ ネルソン・ピケ ピケット オーストリア アイルトン・セナ ナイジェル・マンセル ミケーレ・アルボレート アンドレア・デ・チェザリス エリオ・デ・アンジェリス ロニー・ピーターソン リカルド・パトレーゼ ステファン・ヨハンソン ゲルハルト・ベルガー ディディエ・ピローニ ニュルブルクリンク エステルライヒリンク モンツァ デレック・ウォーウィック パトリック・タンベイ ルネ・アルヌー マルク・ズラー ステファン・ベロフ 

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 49人

もっと見る

開設日
2008年8月15日

3079日間運営

カテゴリ
車、バイク
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!