mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 上坂冬子

上坂冬子

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年5月4日 19:02更新

上坂冬子(かみさか ふゆこ、本名:丹羽ヨシコ、昭和5年6月10日 - )ノンフィクション作家、評論家、「正論」執筆メンバー。

東京生まれ、愛知県豊田市育ち。挙母高女(現愛知県立豊田東高等学校)卒業後、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。父は自由主義を弾圧した特別高等警察に勤めていた。弟は、元河合塾教育本部長の丹羽健夫である。

昭和34年、『職場の群像』で第一回中央公論社思想の科学新人賞を受賞したのを機に文筆活動をはじめ、「BG評論家」として注目される。昭和37年トヨタ自動車工業を退職し、ノンフィクション作家として執筆活動に専念する。初期には婦人問題に関する評論を手がけたが、昨今は昭和史・戦後史にまつわるノンフィクションが多い。昭和50年代半ばごろから、「巣鴨プリズン13号鉄扉―BC級戦犯とその遺族」など、戦後史に力点を置いた数々のノンフィクション作品を発表。北方領土問題にも取り組み、平成16年本籍を東京から国後島に移す。平成5年年には第41回菊池寛賞、第9回正論大賞を受賞。平成9年、『原発を見に行こう』で第17回エネルギーフォーラム賞(普及啓発賞)受賞。主な作品に「生体解剖−九州大学医学部事件」「慶州ナザレ園−忘れられた日本人妻たち」「遺された妻」「男装の麗人・川島芳子伝」「おばあちゃんのユタ日報」「奄美の原爆乙女」「生き残った人びと」「硫黄島いまだ玉砕せず」「原発を見に行こう」「我は苦難の道を行く−王兆銘の真実」「『北方領土』上陸記」など著書多数。

骨董収集、童謡鑑賞が趣味。

平成21年4月14日午前9時50分、肝不全のため東京都内の病院で死去。

[編集] 著作
『特赦─東京ローズの虚像と実像』(文藝春秋、1978年)
『生体解剖─九州大学医学部事件』(毎日新聞社、1979年)
『巣鴨プリズン13号鉄扉』 (新潮社、1981年)
『男装の麗人・川島芳子伝』(文藝春秋、1984年)
『硫黄島いまだ玉砕せず』 (文藝春秋、1993年)
『償いは済んでいる―忘れられた戦犯と遺族の五十年』 (講談社、1995年)
『歴史はねじまげられない』 (講談社、1997年)
『時には辛口(からくち)』 (小学館、1997年)
『我は苦難の道を行く―汪兆銘の真実』上下 (講談社、1999年)
『虎口の総統 李登輝とその妻』 (講談社、2001年)
『「北方領土」上陸記』 (文藝春秋、2003年)
『戦争を知らない人のための靖国問題』 (文藝春秋、2006年)



http://www.media-school.jp/teacher/kamisakafuyuko.html(動画)


検索用:
ニッポン、日本、アメリカ、中国、北朝鮮、台湾、総連、韓国、教育、愛国心、朝日、読売、産経、毎日、ニュース、時事、政治、自民党、民主党、社民党、共産党、国民新党、編◆¬国神社、北方領土、竹島、尖閣諸島、回天、特攻隊、国家、日の丸、戦争、太平洋、天皇、君が代、国土、硫黄島、外国人参政権、日本海、樺太、ロシア

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 39人

もっと見る

開設日
2008年8月15日

3238日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!