mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > ドロシーパーカー

ドロシーパーカー

ドロシーパーカー

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dorothy Parker [1893.8.22-1967.7.7]
1920年代に活躍。ジャスエイジ文学の中心的存在。

参考サイト
http://en.wikipedia.org/wiki/Dorothy_Parker
http://www.levity.com/corduroy/parker.htm
http://www.dorothyparkernyc.com/book/index.html
http://www.english.uiuc.edu/maps/poets/m_r/parker/parker.htm


毒舌と鋭い知性で“プリンセス・チャーミング”と呼ばれニューヨークの文人に愛された作家、詩人、劇評論家。

18歳で家を出、ファッション雑誌「Vogue」に詩を投稿。それを機に編集の世界に入る。
1914年 雑誌「ウ゛ァニティフェア」が創刊。ここで劇評論を書くことになるが、毒舌が過ぎてクビになってしまった。

1920年代、彼女の毒舌家ぶりはニューヨークの文人には有名で、「今日ドロシーはどんな毒を吐いた?」が当時の挨拶がわりだったらしい。

例えば。
ある女優を褒めている男性の友人たちに一言。
「彼女は18か国は話せるけど、どの言葉でもノーとは言えないの。」

キャサリン・ヘップバーンについては、
「キャサリンヘップバーンは全ての役を演じ分けられるわ。ただしAからBまでのあいだの」

ある時ある若い女性作家と劇場の入り口で鉢あわせた。
若い女性作家は「このドアは美女より年寄りが優先ね」と皮肉たっぷりに譲った。
しかしドロシーはすかさず、
「ブタより先に真珠が行くわ」

はっきりものを言う気の強いタイプなので、男性の作家とはうまくいったが、女性作家とはそりがあわなかったようで。。。

親友のリリアン・ヘルマンにはこう言っている。
「わたしの墓石には『これを読めるなら、あなた、あまりに私に近寄りすぎだわ』とだけ刻んで」

「ヴァニティフェア」を辞めたあとはフリーとなり脚本家として活躍。

作家のくせに書くのが嫌い。たばことお酒、パーティを愛し、行方不明になるのもしばしば。
代表作は1926年に出版された詩集「勝手気まま」


参考文献
「忘れられた女神たち」川本三郎著 ちくま文庫
「叶えられた祈り」トルーマンカポーティ 新潮社

まずは読んでみたいという方はこちらから。↓
http://www.amazon.co.jp/gp/search/url=search-alias%3Daps&field-keywords=dorothy+parker
日本語の翻訳が出版されている作品↓
http://homepage1.nifty.com/ta/sfp/parker_d.htm
IMDbのページ↓
http://us.imdb.com/name/nm0662213/
アルゴンキン・ホテル↓
http://www.algonquinhotel.com/

トピ立てはご自由にどうぞ。

開設日
2005年10月13日
(運営期間4005日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
24人
関連ワード