mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > ダックテイル(ズ)

ダックテイル(ズ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年12月4日 04:52更新

はじめましてわーい(嬉しい顔)

ダックテイルが好きな方
知ってる方どんどん入って来てください目



わんぱくダック夢冒険』(わんぱくダックゆめぼうけん)または『ダックテイルズ』、『ダックテイル』(原題:DuckTales)は、1987年から1990年にかけてウォルト・ディズニー・カンパニーが製作したアメリカ合衆国のテレビアニメ。ディズニーキャラクターのスクルージ・マクダックと、ドナルドダックの甥ヒューイ・デューイ・ルーイの3つ子を主役とし、彼らが巻き起こす騒動や財宝を巡る冒険、家族愛などを描いた。

アニメーションの制作はディズニーより委託を受けた日本や大韓民国、台湾の制作会社により行われ、1987年から1988年にかけては東京ムービーが全65話を制作した。スタッフロールではTMS Entertainmentと表記されている。人気を得た事から1989年から1990年にかけて35話が追加されたが、この際ディズニーはすでに東京ムービーとの提携を解消していたため、委託先を大韓民国や台湾の制作会社に変更している。また、本シリーズの劇場版にあたる「DuckTales the Movie: Treasure of the Lost Lamp」が1990年に公開された。

1980年代に制作されたディズニーのテレビアニメでは最も成功を納めた作品であり、全100話という話数は同社のテレビアニメ中最も長いものの一つである(最長はDumbo's Circusの全120話)。この成功を受け、ディズニー社自身は『チップとデールの大作戦』など既存のキャラクターを利用した新たな作品や、『ダックにおまかせ ダークウィング・ダック』、『クワック・パック』などの派生作品を、さらにライバル企業であるワーナー・ブラザーズは『タイニー・トゥーンズ』を制作するなど、アメリカのアニメ史に大きな影響を与えた。


登場人物
スクルージ・マクダック

架空の町ダックバーグに住む世界一金持ちのアヒル。年老いている。非常にケチでいつも金儲けのことを考えている(財産分与を嫌って生涯独身を通すと決意している)。スコットランド出身。生まれて初めて自分の手で稼いだ10セント硬貨(幸運のコイン)が米国のものであったことから米国に興味を持ち、渡米。各地を転々とした後ゴールドラッシュ最中のクロンダイクを訪れ金塊を発見する。以後も資産を増やす機会に恵まれ、最終的に世界一金持ちになった。趣味は大量に金貨が保管してある金庫をプールに見立てて泳ぐことや硬貨を上に積み上げていくことなど。また、バグパイプの演奏を好むが下手。異常なほどのドケチではあるが、自分の財産や身内に重大な危機が及んだときは惜しみなく大枚をはたく一面も持つ。


ヒューイ・デューイ・ルーイ

ワンパク盛り、いたずら大好きの3つ子。サバイバルの指南書である冒険少年ガイドブックを愛読しており、冒険の際は度々この本を利用する。冒険少年クラブのメンバー。姿が酷似しているがほとんどの場面でヒューイが赤色のコスチューム、デューイが青色のコスチューム、ルーイが緑色のコスチュームを着用しているので見分けることは可能(ただし、いつもの服を脱ぐと本人達ですら自他の区別ができなくなってしまうらしい)。ヒューイが3つ子のリーダー格で、デューイが最も賢く、ルーイが最も創造力がある。


ベンティナ・ビークリー


3つ子の世話役としてマクダック家に住み込みで働くこととなった中年女性。他の志望者を退けた3つ子もビークリーにはかなわなかった。しかし、後にバッバとトゥッツィーが同居することになってからは流石に疲れを見せてもいる。ダックバーグ高校時代は水泳部の主将を務めていたらしい。現在も運動能力は年齢を感じさせない。


ウェビー・ヴァンダークワック

ビークリーの孫娘。3つ子の仲間に加わろうとするものの、女の子の遊びをしようとするため嫌がられる。一方で3つ子顔負けの行動力を発揮することも多い。冒険少年クラブのメンバー。動物が好き。


ダックワース

マクダック家の執事のイヌ。いつもすました顔をしているがスクルージに対する忠誠心は厚い。


スクルージの仲間

ランチパッド・マクワック

非常にタフな飛行機の操縦士。しかしたくましい見かけによらず抜けた性格であり、飛行機を墜落させたり、後ろ向きに飛ばしたりとフライトトラブルをほぼ必ず起こしてしまう。スクルージのことは大将と呼ぶ。本人曰く航空学校で墜落を専攻し、卒業後両親と共にショーに参加したがそこで墜落してしまったらしい。自分に嫌気がさし両親のもとを離れて一人旅をしているときにスクルージと出会い、彼に雇われた。しかしあまり扱いは良くないようで、暑苦しさからなのか煙たがられてるシーンも見受けられる。子供たちにとって冒険少年クラブの先輩でもある。『ダックにおまかせ』にも登場。


ジャイロ・ギアルース

のんびりした性格の発明家。彼の発明品は非常に優れた効果を持つものが多いのだが、いつも画竜点睛を欠いておりたびたび騒動を起こす。小型のロボットを助手にしている。


ドナルドダック

海軍に入るため3つ子をスクルージに預けた。本作では脇役である。入隊後は空母に配置される。第二シーズンには登場しない。


ドゥーファス・ドレーク

3つ子の友達で冒険少年クラブのメンバー。いつも冒険少年クラブの帽子をかぶっている。大食いで食べ物の話題を出すことが多い。なぜかランチパッドに憧れている。


バッバ

第二シーズンのはじめ、スクルージらが百万年前にタイムスリップした際に出会った原始人のアヒル。怪力の持ち主で棍棒を持てば鬼に金棒。スクルージに懐いているが原始人ゆえ知能が低くトラブルメーカーで、悪気はないのに怒らせてばかりいる。トリケラトプスのトゥッツィー(声:フランク・ウェルカー)をペットにしている。


フェントン・クラックシェル
第二シーズンから登場するスクルージの会計士。一瞥しただけでどんなものでも総数を正確に数えられる驚異的な才能を持つ。だが、かなりのマヌケで頭はお世辞にもいいとはいえない(会計士でありながらインフレーションを知らないほど)。また、彼の口癖が偶然秘密の合言葉に合致したことから、ジャイロが発明した機械を装着しロボ・ダック(原版ではギズモ・ダック)に変身することとなる。『ダックにおまかせ』にも登場。



スクルージのライバル

フリントハート・グロムゴールド

世界で2番目に金持ちのアヒル。スクルージを1番の座から引きずり降ろそうと度々罠を仕掛ける。スコットランド出身でいつもキルトを着用している。


マジカ・デ・スペル

黒髪の魔女。スクルージが持つ幸運のコインを狙っている。イタリアのヴェスヴィオ火山在住。
ビーグルボーイズ
スクルージの財産を狙うギャング一家。ビーグルママを除き全員のイニシャルが「B」になっている。風貌や趣味、コスチュームについている囚人番号などに違いがあり、個性豊かな顔ぶれとなっている。


ビーグルママ

母親。彼女も犯罪者であり、一番偉い。よく服役中の自身の子供たちに脱獄道具を忍ばせたケーキを差し入れする。スクルージの財産を狙って彼と偽装結婚したこともある。


ビッグタイム・ビーグル

小柄で最も出番が多い。スクルージの財産を奪おうとするときしばしばリーダーになる。番号は167-671 。


バーガー・ビーグル

食欲旺盛。食べ物に気をとられ致命的なミスを犯すことがある。番号は761-176や176-761。


バウンサー・ビーグル

1本の歯が抜けている。バンクジョブの次に大柄で強い。番号は716-167。


バギー・ビーグル

いつもにやにやしており、だぶだぶの服を着ている。文字が読めず、ビーグルボーイズの中で最も頭が悪いと思われる。番号は617-716。


ベイビーフェイス・ビーグル

ビッグタイムのように背が低く、顔つきが幼い。これらのことから最年少であると考えられている。番号は176-167。


ビーバップ・ビーグル

音楽好きで、一人だけサングラスを着けている。番号は671-761。


バンクジョブ・ビーグル

最も体が大きく力も強い。ビッグタイムが出てこないエピソードではリーダーをつとめる。番号は671-167。


ディジョン

テレビシリーズ終盤のエピソードおよび映画版に登場するイヌの泥棒。泥棒の癖に臆病なきらいがある






その他脇役、悪役、有名なゲストキャラクター


エル・キャピタン
記念すべき第1回目スペシャル「伝説の黄金」に登場。GOLDの事しか頭にない小汚い悪党で、スクルージをはるかに凌ぐドケチ。ビーグルボーイズやフリントハートを利用して、財宝を手に入れようとしては、ことごとく失敗。ストーリー後編では、ゴールデン・サンの谷にて重度の「ゴールド熱」に感染し、結局何も手にする事が出来なかった。その後の消息は判らない。


ランプの精

映画版に登場。アラジンと魔法のランプのジンさながらの絶大な力を持つが、好奇心旺盛で子どものような心を持ち自由な人間の生活に憧れていた。そのために、長年入っていたランプの中に戻るのを極度に恐れている。その後、スクルージの願いによって憧れだった人間の男の子になれ、ランプは粉々に砕け散った。


マーロック

映画版に登場する悪の魔法使い。ランプの精の力を欲し、彼が封印されているランプを探していた。最期は、スクルージ邸を城に変えて持ち去ろうとしたが、スクルージらの反撃により、魔法が解かれてしまい城から真っ逆さまに落ちていった。内海もわんぱくダック夢冒険でスクルージを演じており、新旧スクルージの対決となった。


フェザービー

スクルージの秘書。有能だがスクルージの指示によりフェントンを力ずくで追い出すなど強引さも目立つ。


ポー・デ・スペル

マジカの相棒のカラスで、実は兄弟。マジカの魔法では元に戻れないらしい。


グリミッツ長官

ドナルドの上官で彼に厳しい態度で臨む。ドナルドと同様第二シーズンには登場しない。


ガンドラ・ディー

豆工場の受付嬢。フェントンのガールフレンド。彼には不釣り合いなほどの美女。フェントンの片思いと思いきや、実は両思いであったことが分かり恋愛関係に。毎回彼の引き起こすトラブルのとばっちりを喰うのだが、すぐに彼を許すなど温和な性格。ロボ・ダックの正体が彼であることを知らない。


フライングマクワック

ランチパッドの父リップコード、母バーディー、妹ルーピーの三人からなるパイロットチーム。ランチパッドは自分だけが墜落してばかりなので家族に強い劣等感を抱いていたが、彼の決して諦めない姿勢を家族は高く評価している。
グラッドストーン・ギャンダー(原版:ロブ・ポールソン 吹替:?/堀内賢雄)
スクルージらの親類の青年。ガチョウ。無職だが、これは彼が常識では考えられないほど運が強く、運のおかげで生活に困らず働く必要が無いと思っているため。人生は全て運に左右されていると考えている。


グリッタリング・ゴールディ

クロンダイクにいた時期のスクルージの恋人。ダンという男が経営する酒場で歌手をしていた。スクルージの金塊を盗もうとするが失敗、警察を呼ばないかわりに彼の採掘を手伝ううちに恋仲になった。別れた理由はダンが「二人でためた金塊をゴールディが持ち逃げした」とスクルージを騙し、確認しないまま彼が去ったため(後に彼女も同様に騙されている)。3つ子とスクルージがクロンダイクを再訪したときにようやく誤解がとけ、その後関係の進展こそないものの別の話で互いの恋愛感情が明確に示されている。ペットにブラックジャックという名のクマがいる。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 46人

もっと見る

開設日
2008年8月7日

3183日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!