mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 徳永二男(ヴァイオリニスト)

徳永二男(ヴァイオリニスト)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月10日 20:49更新

 元NHK交響楽団のコンサートマスター・徳永二男さんのファンのためのコミュテニティです。

<徳永二男氏の略歴>
1946年、横須賀生まれ。
ヴァイオリニストの父茂および鷲見三郎氏に師事。
桐朋学園音楽科入学、斎藤秀雄氏に師事。

1966年、当時日本楽団史上最年少のコンサートマスターとして東京交響楽団に入団。
1968年、文化庁在外派遣研修生としてベルリンヘ留学、ミシェル・シュヴァルベ氏に師事。
1976年 NHK交響楽団のコンサートマスターに就任。その後首席第一コンサートマスターを経て、ソロ・コンサートマスターの重責を担い、長年NHK交響楽団の“顔”として抜群の知名度と人気を誇る。
1994年、NHK交響楽団を退団し、ソロ、室内楽に専念している。
    NHK交響楽団在籍時代よりヨーロッパ、アメリカ各地から招かれ、リサイタルおよび協奏曲のソリストとして活躍が目立った。とりわけ、ケルンでの現代音楽祭参加、ベルリンの日独センター柿落とし公演でのW.サヴァリッシュ氏との室内楽コンサート、ニューヨークのカーネギーホールでの室内楽コンサートは、それぞれ絶賛を博した。
1992年 早稲田大学交響楽団のヨーロッパ・ツアーのソリストとして同行した。
また、サイトウ・キネン・オーケストラのヨーロッパ、アメリカ・ツアーにもコンサートマスターとして同行、サイトウ・キネン・フェスティバルにもたびたび参加している。
1995年 NHK交響楽団退団後は、東京のJTアートホールの音楽監督を務め、
1996年 宮崎国際室内楽音楽祭の総合プロデューサーを務めるなど日本の室内楽の分野における中心的立場を確固たるものとしている。一方ソリストとしても数多くのリサイタルのほか、国際的人気オーケストラ、モントリオール交響楽団(指揮:シャルル・デュトワ氏)の日本ツアー(1996年)のソリストに抜擢され、その実力に裏打ちされたダイナミックな演奏が、あらためて各方面から好評を博した。
CDは、1997年4月に発売されたピアニスト伊藤恵と共演したブラームスのヴァイオリン・ソナタ全3曲が各方面で絶賛されている(フォンテック)。ほかにサイトウ・キネン・フェスティバルでの室内楽がポリグラムより発売され、
ヴィヴァルディ「四季」、名曲を集めた2枚「徳永二男ゴールド・コンサート・・」がアポロンから発売されている。
現在、人気、実力ともに日本を代表するヴァイオリニストである。

徳永二男さん関連のHP


【宮崎国際音楽祭】
http://www.miyazaki-mf.jp/


【梶本音楽事務所】
http://www.kajimotomusic.com/artist_jap/tsugio_tokunaga.html

【インタビューのページ】
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00787/contents/0012.htm

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 54人

もっと見る

開設日
2008年8月7日

3363日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!