mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > George Gershwin

George Gershwin

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年5月14日 17:28更新

前のコミュが消えたようなので、立ち上げました。

以下、wiki抜粋。

本名ジェイコブ・ガーショヴィッツ(Jacob Gershowitz)。ロシア系ユダヤ人の移民の息子として、ニューヨークに生まれた(もとの姓はゲルショヴィチ Gershovich < *Hirschowicz)。

クラシック音楽に触れたのは小学生のときに聴いたドヴォルザークの『ユモレスク』だという。父親は貧しい生活の中、ジョージの兄のアイラ・ガーシュウィン(en:Ira Gershwin)に音楽を学ばせようとピアノを買ってやったが、文学者肌のアイラはピアノを弾かず、代わってジョージがピアノに親しむことになった。

10代後半から、ティン・パン・アレーの音楽出版社でソングプラガーを務めつつ、ポピュラー・ソングの作曲を始める。

* ソングプラガー=楽譜を買いに来た客向けの見本に、店頭のピアノを弾いて楽曲を試聴させる仕事。20世紀初期の当時レコードは高価で、流行歌の流布・収益手段の主流は楽譜販売だった。

出世作となったのは、作詞家アーヴィング・シーザーとの共作になる1919年の歌曲「スワニー」で、人気歌手アル・ジョルソンに気に入られて彼が繰り返し歌ったことから大ヒットし、ガーシュウィンは一躍人気ソングライターとなる。

1920年代以降は、作詞家となった兄アイラ・ガーシュウィンと組んで、レビューやミュージカル向けに多くのポピュラー・ソングを送り出した。ガーシュウィン兄弟によって作られ、後年までスタンダード・ナンバーとして歌われている歌曲は「私の彼氏」「バット・ノット・フォー・ミー」「アイ・ガット・リズム」などをはじめ、おびただしい数に上る。

クラシックにも取り組み、1924年には『ラプソディ・イン・ブルー』(Rhapsody in Blue)を発表。オーケストレーションにファーディ・グローフェの協力を得て、ジャズとクラシックを融合させたこの作品は「シンフォニック・ジャズ」の代表的な成功例として世界的に評価された。

その後独学でオーケストレーションを学び、いくつかの管弦楽作品を残した。そのひとつ『パリのアメリカ人』(An American in Paris、1928年)もよく知られている。

兄アイラと作家デュボース・ヘイワードとの協力によって書かれ、黒人コミュニティの風俗をリアルに描いたフォーク・オペラ『ポーギーとベス』(Porgy and Bess)は1935年にオール黒人キャストという意欲的な企画で初演されたが、初演時は反響は得られなかった。のちに評価が高まり、現在ではアメリカ音楽の古典となっている。劇中で歌われる「サマータイム」(Summertime)はポピュラーソングのスタンダードナンバーとして広く親しまれている。

1937年7月11日、脳腫瘍のためハリウッドにて急逝した。まだ38歳9ヶ月の若さであった。亡くなる直前の「頭の中で何かが焼ける音がしてから、自由が利かなくなった」との発言から、死因はクモ膜下出血ではないかとの説もある。

舞台作品の数は50曲にのぼり、その中でオペラは2曲、ミュージカルが50曲、映画音楽は4曲しか残されていない。管弦楽曲は7曲を作曲している。室内楽曲は2曲のみ。ピアノ曲は10曲。歌曲は500曲も残されている。

意外に思われるかもしれないが、ガーシュウィンは多調や十二音技法にも関心を持っており、『2つの調による即興曲』では多調を試みている。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 138人

もっと見る

開設日
2008年8月6日

3396日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!