mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 桜山神社 - 我が国最初の招魂社

桜山神社 - 我が国最初の招魂社

桜山神社 - 我が国最初の招魂社

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年12月18日 22:00更新

元治元年(一八六四)一月、高杉晋作の発議によって創建された招魂場で、慶応元年(一八六五)八月には社殿も造営され、招魂社としてはわが国最初のものといわれている。

創建当初は、文久三年(一八六三)五月十日に始まる下関攘夷戦において戦死した奇兵隊士の霊を弔うものであったが、後、小倉戦争(四境戦争)や北越戦争(戊辰の役)で戦死した者、さらには長州の尊王討幕運動に輝かしい名をとどめる吉田松陰、高杉晋作、久坂玄瑞、山縣有朋らの霊も加え、今日では三百九十六柱の志士がここに祀られている。

この招魂場のもつ尊い意味は、偉大な指導者吉田松陰から奇兵隊小者弥吉といった名もない者にいたるまで等しく祀られていることで、整然と立ち並ぶ霊標の姿は、奇兵隊における武士、町人の身分制を越えた新しい時代への理念を伝え、胸を打つものがある。

なお、この地は奇兵隊の調練場跡でもあり、招魂場となって以後桜を植えたことから、桜山と呼ばれるようになったもので、下関市内の数多い維新史跡でも、ことに重要な意味を持つ聖地ということができる。

櫻山神社HP
http://sakurayama-jinja.com/

検索: 幕末 長州 桜山神社 功山寺 明倫館 草莽 志士 留魂録 松下村塾 明治維新 下関 馬関 赤間神宮 高杉晋作(高杉東行)吉田松陰(杉寅次郎)久坂玄瑞(久坂義助)入江杉蔵(入江九一) 吉田栄太郎(吉田稔麿) 毛利慶親 桂小五郎(木戸孝允) 玉木文之進 玉木彦介 伊藤利助(伊藤博文) 志道聞多(井上馨) 白石正一郎 山縣狂介(山縣有朋) 福田侠平 三吉慎蔵 周布政之助 沼崎吉五郎 野村和作(野村靖) 石川小五郎 来島又兵衛 村田蔵六(大村益次郎) 佐世八十郎(前原一誠) 品川弥二郎 飯田正伯 尾寺新之丞 久保清太郎 松浦亀太郎(松浦松洞)  

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 22人

もっと見る

開設日
2005年10月12日

4073日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!