mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > ロナルド・サール

ロナルド・サール

ロナルド・サール

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2010年8月27日 00:09更新

1920年3月3日にケンブリッジ(イギリス)生まれ。
風刺画や猫のイラストで60〜80年代を代表するイラストレーター。
2008年の誕生日を迎え、現在は88才。

ブログ
http://ronaldsearle.blogspot.com/

プロフイール(編集中)

ロナルド・サール Ronald Searle
1920年3月3日にケンブリッジ(イギリス)生まれ。
ケンブリッジスクールオブアート在籍中に
第二次世界大戦がはじまり、1939年サールは英国国防義勇軍に入隊しました。
1941年10月シンガポールに出航。
1942年2月15日、日本軍によるシンガポール陥落後、英、豪など連合軍の捕虜、民間人八千人がチャンギ刑務所と周辺のバラックに詰め込まれた。
同年7月、ビルマとタイを結ぶ「泰緬(たいめん)鉄道」の工事(映画:戦場に架ける橋のモデル?)が始まった。日本軍管理の捕虜収容所から総動員、クワイ川流域の重労働で一万数千人が死んだといわれるが、英軍捕虜サールはクワイ川から生きてチャンギに帰された。


以下、ヤフー翻訳・・・冷や汗
ロナルドサールは、1920年にケンブリッジ(イングランド)で生まれました。
彼は15才で彼の専門の滑稽な経歴を始めました。そして、ケンブリッジデーリーニューズのために漫画を製作しました。1939年に、ロナルドサールは構造上の製図工として軍に加わりました。彼はシンガポールで勤務しました、そこで、彼は捕虜を持っていかれました。彼の刑期キャンプの間、サールは決して絵を描くのを止めませんでした、そして、1945年10月のイングランドへの彼の帰還と同時に、彼の仕事は展示で示されました。1年後に、彼がケイウェッブ(リリパットのエディタ)と結婚した同じ年、彼の最初の本『40のDrawings』は出版されました。

1948年に、有名な聖トリニアンの漫画のサールの最初の本収集は現れました、『聖トリニアン万歳』、女の子について、学校は悪くなりました。
A・シムがヘッド女教師の役割を演じて、彼のよこしまな小さい女子生徒は非常に人気があるようになって、映画さえ示唆しました。
1年後に、サールは雑誌パンチの劇場列の上のイラストレーターになりました。同じ雑誌のために、彼は1955年に『オデュッセイア』の滑稽な適合をしました。

この時までに、ロナルドサールはイングランドの一番のイラストレーターのうちの1人でした、そして、すぐに、米国からの関心は同様に来ました、そこで、彼はアニメ映画(『精力的に、敬具』)を製作しました。
1960年に、ロナルドサールは全国Cartoonists協会のルベン賞を授与される初の非アメリカの漫画家でした。彼の人気と名声に圧倒されて、サールはマンガ分野を去って、パリに出発しました。そこで、彼は再婚して、絵画に専念しました。そして、『解剖とDecapitations』に終わりました。

60年代の間に、彼はより小さいスタイルを開発して、映画と他の任務(『よろしくのような本と同様に)のために生き生きした始めのシーケンスに取り組みました -
『どこに、すべての人々は行きましたか?』(1968)
『1匹のヒキガエルを連れて行ってください』(1968)
『四角い卵』(1968)
『ロートレックに敬意を表します』(1969)
『ミュンヒハウゼン男爵の冒険』(1969)
『秘密のスケッチブック』(1970)

彼の妻がうまく乳がんから回復したあと、サールズはHaute-プロヴァンスへ引っ越しました、そして、この新しい期間には、サールは彼の有名な猫本をこれまでより彼らに対するより多くの活動(多数のプロジェクトに終わること)へ持っていきました。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 3人
開設日
2008年7月19日

3061日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!