mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 215系

215系

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月14日 12:19更新

1992年にデビューした、両端部を除くすべてが「ダブルデッカー」というすばらしい列車!それが215系です!

そんな、215系が好きな人の為のコミュニティがこちらです。


以下Wiki参照・・。

造られた概要
増加する東海道本線東京口の遠距離通勤に対応し、着席サービスと並行する貨物線を活用した速達サービスを提供するための定員制ライナー列車「湘南ライナー」・「湘南新宿ライナー(現・おはようライナー新宿/ホームライナー小田原)」で運用されることを目的として、211系の2階建てグリーン車をベースに設計されている。そのため、着席定員の増加を基本コンセプトとしており、両先頭車を除く全車が2階建て構造(ダブルデッカー)となっている。普通車1両の座席定員は最大で120名に及ぶ。普通車の座席はすべてボックス式クロスシートである。

性能
基本的に211系のシステムを踏襲した界磁添加励磁制御で、主電動機 (MT61)・歯車比 (1:5.19) も同一であるが、最高運転速度120km/hと車体重量増に対応するために限流値(抵抗短絡後の電流の落ち込み値)を高く設定して211系と同一の起動加速度を確保。併せて弱め界磁率を35%から30%へと変更して高速性能を確保、台車にもヨーダンパを装備している。補助電源装置は211系のブラシレスMGから静止形インバータ (SIV) に変更された。

保安装置はATS-SN形とATS-P形が装備されたが、1993年製の第2編成以降は東京地下駅乗り入れのためATC5形を装備して落成し、第1編成にも1994年(平成6年)に装備された。

車体・編成
車体は軽量ステンレス製(前頭部は普通鋼製)で、2階建て構造であることから断面形状は車両限界いっぱいを使用し、台車間にバスタブ状に階下部分を落とし込み、この部分に1階部分の床を設けている。編成両端の制御電動車は機器を集中搭載する関係上通常車と同様にフラットな台枠構造とされ、床下に機器を搭載するとともに2階部分の床下(台枠上)にも機器を搭載している。出入口には、普通車では幅900mmの片開き扉を、グリーン車では幅800mmの片開き扉をそれぞれ片側2か所に設けている。パンタグラフは中央本線小仏トンネル等の小断面トンネル通過に対応したものである。

10両編成のうち両端の各2両(計4両)を電動車(クモハ215形 - モハ214形)とし、中間の6両はすべて付随車である。両端の電動車ユニットの基本設計は同一で、下り熱海方は方向転換する形で組み込み、上り東京方を100番台、下り方を0番台としている。

中間の付随車は、普通車はトイレ付のサハ215形を3・8号車に、トイレなしのサハ214形を6・7号車とし、グリーン車(サロ215形・サロ214形)は4・5号車に連結されている。

当初は5両編成の付属編成の製作も計画されていたが、実現しなかった。

車体外観は「ジェントル&ノーブル」を基本コンセプトとし、幕板部をベージュ、2階窓周りをダークグレーとし、扉部をあずき色としている。先頭の鋼製部分は白に塗装し、アクセントとして貫通扉はあずき色に、運転台窓周りはグレーを前面から側面に掛けて巻いている。




以下検索用
快速アクティー  東海道線   湘南新宿ライン

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 31人

もっと見る

開設日
2008年7月19日

3293日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!