mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 韻を踏む詩

韻を踏む詩

韻を踏む詩

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 脚韻とは、つまり行の最後の音を揃えることで、欧米や中国でも、詩の主流は昔から脚韻詩でした。しかし、日本の詩で脚韻を揃えるのは、漢詩のみで、他は例外的なお遊び。前世紀中頃にマチネ・ポエティック運動のような試みもありましたが、西洋詩の技法そのままに母音だけを合わせていたので、まったく根付きませんでした。なにしろ読んでも、脚韻がなされているとは全然気付かないのだから、無意味きわまりない。余計な労力でしかないと感じられて当然でしょう。

 でも、本当は欧米の詩にも定型はしっかりあったのですよね。日本の翻訳がそれを削り落としていただけで。

【脚韻詩の宣言】
http://www.miyakesatoru.com/kyakuinshi-sengen.html


三宅惺の詩と「脚韻詩の宣言」に心を揺さぶられて、詩に目覚めました。
詩と韻文に興味があるヒト、集合!



※※※関連コミュ※※※

【三宅惺】
http://mixi.jp/view_community.pl?id=128004

開設日
2005年10月10日
(運営期間4003日)
カテゴリ
アート
メンバー数
19人
関連ワード

おすすめワード