mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 嫌ハラスメント権

嫌ハラスメント権

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年5月13日 22:40更新

ミクシィのコミュニティ名の字数制限のため略しましたが、正式には「嫌ハラスメント権確立を目指す人びとの会」です。この名前は、1978年に発足し、嫌煙権の始まりとなった市民運動「嫌煙権の確立を目指す人びとの会」をもじっています。

ハラスメントはハラスメントされている人に苦痛なだけでなく、煙草の煙のように職場や家庭や学校の空気を悪くしています。ハラスメントがきつい職場では、人が辞めていく、新人が居つかないなどの現象がありますが、これは、ヘビースモーカーたちによって、煙草の煙が充満した職場をイメージすれば分かりやすいと思います。

煙草の煙がどれだけ苦痛であるか個人差があるように、同じハラスメントを受けても苦痛の度合いには個人差があります。煙草の煙で呼吸困難や頭痛などの身体症状が出る人は、その中で快適に生活をすることができません。同じように、ハラスメントが苦手で、身体症状や精神症状が出る人は、ハラスメントの中で快適に生活ができません。煙草の煙やハラスメントは、生活に必要なものではなく、むしろ生活を悪化させる要因になるものです。そういうことに対して敏感であるということは悪いことなのでしょうか? 敏感な者が悪かったり、原因があると疑われたり、謗られるようなことなのでしょうか? そうではありません。喫煙者やハラスメントする人のほうにこそ、原因や問題があるのです。

嫌煙運動が始まって30年たった今、煙草の煙が苦手な人は、皆が煙草を吸うような公的な場所には行くなと言う人は居ません。むしろ、公的な場所は禁煙空間になっています。
ハラスメントを煙草の煙に例えることによって、今後の方向性が見えてくるようです。

30年前、嫌煙権確立を目指す人びとの会は、「たばこの煙によって汚染されていないきれいな空気を吸う権利」、「穏やかではあってもはっきりとたばこの煙が不快であると言う権利」、「公共の場所での喫煙の制限を求めるため社会に働きかける権利」の3つの嫌煙権を掲げスタートしました。

それをもじって、このコミュニティでは、、「ハラスメントによって汚染されていない環境で生活する権利」、「穏やかではあってもはっきりとハラスメントが不快であると言う権利」、「公共の場所でのハラスメントの制限を求めるため社会に働きかける権利」の3つの嫌ハラスメント権を主張しましょう。

ハラッサーに禁ハラスメントは求めません。しかし、ハラスメントが嫌いな人がいるところでハラスメントはしないでください。

喫煙者でも、嫌煙者のいるところでは吸わない主義の人もいます。同じように、毒舌家だけれど、自分の毒舌で傷つく人には言わない主義の人、自分の毒舌を直したい人もご参加歓迎します。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2008年7月14日

3239日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!