mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > グルメ、お酒 > ハッスルコーラ醸造元

ハッスルコーラ醸造元

ハッスルコーラ醸造元

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

むーかし、昔のクレージーキャッツ主演による「クレージー作戦」シリーズ第二弾。鶴亀製菓が新商品・ハッスルコーラを開発した。社員の田中太郎に飲ませたところ、やる気の無い彼がたちまちモーレツ社員に大変身。鶴亀製菓はこれを売り出そうとするが、販売差し止めを受け、大赤字を抱えてしまう。そこで鶴亀製菓は、ハッスルコーラ販売用の子会社を設立、田中太郎を始めとするダメ社員たちを出向させ、赤字をかぶせて倒産させる計画を立てる。そんな計画を全く知らない彼らは、はりきってコーラ販売にハッスルするが……。
 クレージーキャッツの面々が奮闘努力する姿を描き、“無責任”というキーワードを敢えて否定したことで賛否を呼んだ。東宝によるクレージーキャッツ主演コメディシリーズの「無責任シリーズ」第三弾として数えられることもある。同時上映は『大盗賊』。新しい清涼飲料水"ハッスル・コーラ"の完成を目前に控えた鶴亀製菓。社内で一番無気力な男・田中太郎は、"ハッスル・コーラ"の効果を調べるべく、社員を代表して試飲することになった。いつも気の抜けた顔をしていた太郎だが、"ハッスル・コーラ"の効果はてきめんで、瞬く間に全身に活力がみなぎってくる。こうして太郎は、通勤途中に暴漢を退治するなどの大活躍を見せるようになったのだが…。
軽妙な歌と明るいギャグで、高度成長に沸く日本を爆笑の渦に巻き込んだコメディアン・グループ"クレージーキャッツ"。本作は、"クレージーキャッツ"結成50周年を記念してリリースされる、サラリーマン喜劇。"無責任男"こと植木等が活躍するこれまでのシリーズから一転して、本作では"アンチ無責任"をテーマに、メンバーが一丸となって活躍している。映像特典として、予告編などが収録されているほか、解説書が封入されている。
主人公の軽妙なキャラクターと荒唐無稽なストーリーが受け、東宝のドル箱シリーズとなった。

開設日
2005年10月09日
(運営期間4008日)
カテゴリ
グルメ、お酒
メンバー数
19人
関連ワード