mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 戸坂潤

戸坂潤

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年8月15日 23:56更新

戸坂潤
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戸坂 潤(とさか じゅん、1900年9月27日 - 1945年8月9日)は、日本の哲学者。

来歴・人物
東京市生まれ。東京開成中学校、第一高等学校(現東京大学教養学部)理科を経て、1924年京都帝国大学文学部哲学科卒業、同大学院進学。京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)講師、同志社女子専門学校(現同志社女子大学)講師、大日本帝国陸軍少尉等を経て、1929年大谷大学教授就任も、翌年検挙。1931年から1934年まで法政大学講師。後に同大教授となる。

もともとは物理学専攻であったが、後に西田幾多郎の下で哲学を学ぶ。西田に師事する一方で、マルクス主義の研究者でもあったことから、学派的には三木清、舩山信一、梯明秀らとともにいわゆる西田左派に属する。

また、彼は1932年に設立された唯物論研究会の創始者の一人であり、同事務長等を務めたが、治安維持法によって特別高等警察に捕らえられ、栄養失調から全身疥癬に苦しめられ、敗戦の直前(8月9日)に長野刑務所で獄死した。

戸坂は始め新カント主義の立場にあったが、空間論の研究を進めるなかで唯物論の立場に移り、日本の代表的な唯物論哲学者となった。唯物論研究会の事実上のリーダーといってよい。観念論哲学に対する批判を旺盛に行ったが、その死は観念論哲学者(田辺元など)からも惜しまれた。


著作
『戸坂潤全集』 全5巻+別巻(勁草書房)にほとんどのものが収録されている。
普及版として、

『日本イデオロギー論』(岩波文庫)全集第2巻収録
『思想と風俗』(平凡社東洋文庫)全集第4巻収録
『世界の一環としての日本』(平凡社東洋文庫)全集第5巻収録
が2006年現在容易に入手できる。


関連項目
科学(科学論)
芸術(芸術論)
イデオロギー(イデオロギー論)

外部リンク
戸坂潤文庫
http://pfeil.hp.infoseek.co.jp/
戸坂 潤:作家別作品リスト(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person281.html
科学図書館:戸坂潤の部屋
http://redshift.hp.infoseek.co.jp/scilib.html
日本哲学史研究室:戸坂潤
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/nittetsu/guidance/philosophers/tosaka_guidance.html

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 27人

もっと見る

開設日
2008年7月7日

3119日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!