mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > ヨーロッパ食材紀行

ヨーロッパ食材紀行

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年4月23日 04:39更新

NHKの料理・食材番組『グランド・グルメ ヨーロッパ食材紀行』のコミュニティですうまい!

私が知る限り8年前から総合やBS2、BShiで不定期で放送中TV

見かけたことがある、
この番組が好き、
番組で出てきた料理を作ったことがある、

などなど少しでも興味がある方、管理人は基本放置気味ですが
参加して下さればうれしいです^^



パンこれまでに放送された内容パン カラオケ語り 鈴木陽子

「ウナギの味はテムズの流れとともに」〜イギリス〜
ロンドンにはテムズ川のウナギを食材とした伝統の名物料理がある。ユニークなウナギ料理を紹介しながら、テムズ川の変遷と、時代の変化の中でも変わらぬロンドンっ子の心意気を描く。

「ブルゴーニュの至宝・エスカルゴ」〜フランス〜
フランスの珍味として、世界的に知られるエスカルゴ。その独特の飼育方法や変わった調理法を紹介。ブルゴーニュ地方に古くから根付いているエスカルゴの食の文化を描く。

「霧がはぐくむハムの王様」〜イタリア〜
イタリアのロマーニャ地方は、ポー川から発生する霧が生ハムの熟成にちょうど良い湿度を生み、高級ハムの産地として知られる。伝統のハム作りを描きながら、ロマーニャ地方の人々の暮らしを紹介する。

「大地が生むチーズの恵み」〜オランダ〜
酪農大国オランダは、乳製品の生産とともに、チーズの一大消費国である。伝統のチーズ料理や新しいチーズ料理を紹介し、オランダ人のチーズにかける情熱を描く。"との一致はありません。

「地中海の人気者・カサゴ」〜フランス〜
地中海に面するフランスの漁港町、マルセイユ一帯の代表的な食材、カサゴ。家庭料理のカサゴの蒸し煮や本場のブイヤベースなど、古くから漁民中心に親しまれてきたカサゴ料理を紹介する。

「ニシンは北海からの贈り物」〜オランダ〜
古くからニシン漁が盛んな、北海に面した港町カトバイク。ニシンのマリネやテリーヌなど地元の代表的なニシン料理を紹介しながら、ニシンとオランダとの歴史、文化的な深い関わりを描く。

「実りの秋のコメに生きる」〜イタリア〜
イタリア北東部のベネチア平野の南部、イゾラ・デッラ・スカーラ村は、1000年以上昔から稲作を行ってきた。鯉の米づめやリゾット料理など、稲作農民に伝わる米料理を中心に紹介する。

「大いなる大地の恵み・ジャガイモ」〜ドイツ〜
ジャガイモは、18世紀以来ドイツ人には欠かせない食材となっている。ザクセン地方の農民たちの手によるポテト・フリッターやサラダなどのジャガイモ料理を紹介し、ドイツ人とジャガイモの深い関わりを描く。

「冬の海の味覚・ムール貝」〜オランダ・ゼーランド〜
中世から漁業が盛んなオランダは、新鮮な魚が豊富。西欧で唯一、生の魚を食べる国だ。オランダ人の冬の楽しみはムール貝。「庶民のカキ」と呼ばれて親しまれており、ホタテやカキにも劣らないおいしさだ。オランダ南西部、良質のムール貝がとれるジーランド地方から冬の味覚に欠かせないムール貝の魅力を伝える。地元の海の男たちの間に伝わる調理法「ムール貝の白ワイン煮」、ムール貝市場の古兵のもてなし料理「ムール貝のグラタン」、女性で唯一ミシュラン2つ星に輝いた名物シェフが作るムール貝を使った「フィッシュスープ」などが登場する。

「トナカイは雪原の誉れ」〜スウェーデン・ラップランド〜
ヨーロッパの北限ラップランドには、ユニークな食材がある。ラップランドに住むサーミが食してきたトナカイだ。厳しい自然環境の中、生活すべてをトナカイに依存してきたサーミたちは、血や肉は食用に、骨や角は道具に、毛皮は防寒着にと活用してきた。後に白系スウェーデン人が入植してきたが、彼らもトナカイを食すようになった。スウェーデンを代表するトナカイの食文化を、サーミが作るトナカイの煮込み「マーレット」、スウェーデン人が作るトナカイのシチュー、シェフが作るスペシャルステーキの3つの料理を通して描く。

「白トリュフは神秘の香り」〜イタリア・ピエモンテ〜
世界3大珍味のひとつ、トリュフ。中でも白トリュフは収穫量が少なく、保存できないので貴重とされている。この白トリュフの収穫地として有名なのがイタリア北部のピエモンテ州ラング地方の町アルバ。アルバから、白トリュフがどのように自然の中で育ち、収穫され、どう料理されるのか、ここに暮らす人々を通して伝える。料理では、トリュフ採りを生業とする「トリフラウ」と呼ばれる人々が作るトリュフパスタ料理、トリュフのパテ、白トリュフに特別な情熱を捧げる女性シェフが作るトリュフ入りチーズフォンデュが登場する。

「究極の美味を目指して・フォアグラ」〜フランス・ジェール〜
フランス南西部ジェール県は、特殊な飼育法により肥大ガチョウの肝臓「フォアグラ」の産地で知られ、およそ14万羽のガチョウが飼育されている。ジェール県に暮らす人々とフォアグラがいかに関わり、何百年間もフランスの美食を支えてきたか、三人三様の情熱を通して描く。登場する料理は、フォアグラ飼育の名門ベーグ家の「フォアグラのテリーヌ」、ガチョウ博物館館長の家の「フォアグラのエスカロップ リンゴ添え」、斬新なフォアグラ料理を作るシェフの「フォアグラのラビオリ 季節のキノコとトリュフソースあえ」。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 42人

もっと見る

開設日
2008年7月6日

3246日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!