mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > 第19回創価芸術展

第19回創価芸術展

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年8月3日 00:14更新

*参加するには管理人の承認が必要です。創価芸術展に関わってる人達は皆寄っておいで〓
*完全公開にしています。創価芸術展関係者として恥ずかしくない行動をお願いいたしますぴかぴか(新しい)

2005年の創価大学の創大祭期間中に行われる創価芸術展についてのコミュニティです電球

アート創価芸術展とは・・・カメラ
創価芸術展とは世界の創価一貫教育で学ぶ児童、生徒、学生、並びに教職員の作品による総合展覧会です。また、交流関係にある海外の大学からの作品も展示されます。 部門は「美術」「華道」「書道」「写真」の四部門があり、創価大学で学ぶ学生なら誰でも参加出来ます!!!(もちろん通教生の方々も含みます!!)
創立者池田大作先生のご提案から始まり、今回で第19回目を迎えます。


ぴかぴか(新しい)第19回創価芸術展テーマぴかぴか(新しい)
「友のため!!平和のため!! 芸術・文化の大地に 自分らしい希望の華を!!」

走る人テーマ説明走る人
1友のため!!平和のため!!
友とは身近な一人のことです。その一人一人の幸福の拡大が世界平和につながります。そしてそれが、創立者と同じ目的観にたつことになると考えます。

2芸術・文化の大地に
青春対話の中で創立者は「自分の名誉や儲けではなく『皆を喜ばせたい』という心、その心をつくっていこうというのが本当の芸術であり、文化です」といわれています。「芸術・文化の大地」とは、皆が平等に人間に立ち戻れる場所のことです。

3自分らしい希望の華を!!
『桜梅桃李』一人ひとりがそれぞれの特性を発揮し、異なった華を咲かせる!その華が芸術文化に共生し咲き誇る。それが、創立者の言われる平和の文化の姿です。



創価大学創立者の池田大作先生は芸術について次のようにおっしゃっています。
「芸術を愛することは、虚栄で自分を飾るためでもなければ、道楽や暇つぶしでもない。人間が人間として人間らしく生きていくために、絶対なくてはならない魂、それが文化だ。文化とは、人間だけが許された最も幸福で最も平和な営みといってよい。(『未来への選択』より)」
また、芸術とは堅く苦しいものでなく、誰でも持っているものだともおっしゃっています。
「月の光に爛漫の桜が浮かび上がっていれば、誰もが、はっとするでしょう。見とれてしまうでしょう。青空を見て『ああ、素晴らしいな』と思う。川のせせらぎに聞きほれて、耳が洗われたような気持ちになる。その心が『美』を愛する心であり、芸術・文化の心なのです。」


創価芸術展は、学生主体の芸術運動であり、一般社会への「創価教育」のひとつの宣言であるといえます。
創価大学の建学の精神のひとつである「新しき大文化建設の揺籃たれ」のもと、一人ひとりの学生が主体となり、世界、人間を結ぶ「芸術」をつくりだすのが創価芸術展なのです。

「平和の文化とは、庶民が力をつけることであり、持続的なものでなければならない。その成否は、次代を担う青年にかかっている。」

私達自らは『文化の発信』を今この場所から行っていきます!!!!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2008年6月28日

3254日間運営

カテゴリ
会社、団体
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!