mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 闘え! ドラゴンマン STAFF

闘え! ドラゴンマン STAFF

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2010年3月26日 08:54更新

知る人は知っている、むしろ知って欲しい、ご近所のヒーロー!
それが、ドラゴンマン!
名前が、何しろドラゴンで、マン!
かぶることァないと思ってたのが、3年前。
だいたいンが重なるのってどうよ。
そうしたら、凄いのが現れました。「環境戦隊ドラゴンマン」。
負けました。ご近所の平和、しかも主に半径3メートル以内のアクション巨編を目指してましたが、地球規模にはかないません。

ひっそり、応援している方々を私たちは勝手にSTAFFと呼びます。
で!
そりゃもう、気持ちだけもSTAFFになってもらおうと、コミュニティを立ち上げました。
レアな写真やレアな情報、出没日時なども、こっそりリークしていくつもりなので、まずはコミュニティに入って頂いて、めちゃめちゃ気長に待っていてください。更新していきます。
あ、Tシャツも作るのでよろしくね。

以下は、ご挨拶と、あと……ひそかにドラゴンマンレディの座を狙っている(いやいないか)なミクシィネーム・ウパー(だったよな、たしか)に考えてもらったキャッチです。若いのが、ムリクリ、オヤジカルチャーに歩み寄っている感じもしつつ、知らないラノベ・テイストも入っていて、これはこれでアリだと思いました。

【ご挨拶】

『闘え!ドラゴンマン』とは!?
それは、監督・サムシング吉松×主演・佐藤竜雄×プロデュース・ドクトルFの自主映画プロジェクトのことです。
アニメに関わる監督、作画監督といった友達が、自主映画を作る。しかも実写で撮影する、いう中年たちのお遊びです。
振り返れば、飲み会での佐藤竜雄の「そろそろオレもマイマスクが欲しいなあ……」という呟きから始まったのでした。
「じゃあ作りましょうか。全身コスチューム付きで」
と言うドクトルFは、小劇団の衣装を手がけるスタッフに発注。
佐藤竜雄描き下ろしオリジナル・デザインを元に、マスクとコスチュームを製作。
自主映画なので、佐藤竜雄が自腹でコスチューム製作費を取っ払い。
いよいよ吉松監督の出番となり、好き勝手に演技指導するわけです。
ちなみに佐藤竜雄には、一役者として出演なので、演技プランとともに役作りに徹してもらっています。鋭い吉松の演技指導を元に更に膨らませて、動いてもらっています。
極秘に進められるストーリーは、ある意味香港映画テイスト(※)たっぷりというか、バラエティムービーというか。

【ドラゴンマン キャッチ案】

見出し
見よ才能の無駄遣い!
全アニメ関係者が泣いたこれが大人の遊びだ!
or
大人の本気の遊びを教えてあげる(←炎の蜃気楼というラノベのセリフのもじりです)

本文
天が呼ぶ地が呼ぶテリーファンク(←誰でもいいです)も多分呼ぶ。中央線沿いの快男児、荒ぶる御魂ドラゴンマン!! その正体が誰なのかタップに誓って明かせない。近所の平和を守るため、ドラゴンマンは今日も行く。自分の体を省みず、ドラゴンマンは今日も行く!! 覚えておくがいい、大人が真剣に遊ぶというのはこういうことだと。
Catch as Catch Can presents 監督 サムシング吉松、主演 佐藤竜雄。この男たちに反省はない! 真のヒーロードラゴンマンを見届けろ! 

『闘え! ドラゴンマン』PV(プロモーション・ビデオ)を一挙公開。
君は大人の本気を見る……。

嗚呼ドラゴンマンよ君を泣く、君死にたもうことなかれ……。
『闘え! ドラゴンマン』本編制作快調! 剋目して待て!!

以上

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 40人

もっと見る

開設日
2008年6月27日

3225日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!