mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > レイモンド・マンコ

レイモンド・マンコ

レイモンド・マンコ

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年10月29日 20:28更新

レイモンド・マンコ(Reimond Manco, 1990年8月23日 - )
ペルー出身のサッカー選手。
ポジションはウイングで、左右どちらのサイドでもプレーが出来る。
現在はアリアンサ・リマでプレーしているが、2008年夏からオランダ、エールディビジのビッグクラブ、PSVアイントホーフェンでプレーすることが決定している。
(現在はレンタルでヴィレム?に移籍中)


75年からスウェーデンで行われているゴシアカップ(Gothia Cup)
という世界最大のユース大会で、参加チーム数も32年間の間に200から1200へ増えました。遥遥南米から参加するチームも少なくありません
5年前12歳以下の部門で優勝したペルーのカントラオで一際目を引いたレイモンド・マンコ。マンコの存在無くしてカントラオの優勝はありませんでした。

reimond manco
「クラウディオ・ピサロ(Claudio Pizarro)に憧れていました。国内のリーグやヨーロッパ大会で活躍して、彼は今ではお金も沢山持っています。そして何よりもピサロの様にペルーを代表してプレーしたいですね。彼の全てが憧れの対象です。どのような努力をしてでも、必ずや彼の様なスターになりたいと思っています」


ペルーのアカデミア・デポルティーヴァ・カントラオ(la Academia Deportiva Cantolao )。このアカデミーでは6歳から18歳までの選手が所属していて、ここの卒業生は皆ペルー、アルゼンチン、ベルギー、スペイン、イングランド等のリーグで活躍しています。そして、その中でも、最も有名なのが現在チェルシーで活躍するクラウディオ・ピサロです。

財政的に余裕がある訳ではありませんが、南米、アメリカ、ヨーロッパ等で行われる大会に積極的に参加し、若い選手に貴重な経験を積ませています。

U-17ペルー代表の中心的存在であった早熟のマンコ。
3月に行われた南米U-17大会では3ゴールをあげ、彼の牽引もありペルーは4位になりました。ペルーはU-17ワールドカップ出場を決め、そしてそこでマンコは大会のMVPに選ばれ、名実ともにマンコの名を世界に欲しいままにしたのでした。

reimond manco
「MVPを取れたのはチームメートのおかげです。チームメートの存在が無かったら南米最優秀選手には選ばれませんでした。ここでの活躍のおかげで、私はペルーのみならず世界中から注目される存在になりました。大会が終わってしばらく経ちますが調子は良いですよ。練習の成果もあり、益々キレてきてますよ。」


ペルーがブラジルを破った南米予選では、バルセロナで活躍するリオネル・メッシと比較されたほどのマンコ。

リーベルプレート、ボカ・ジュニアーズ、PSVアイントホーフェン、レアル・マドリード等のビッグクラブも眩い光を放たん、としているマンコに注目している様子です。全てはカントラオ・アカデミーのおかげでしょう。

reimond manco
「ボクは、11歳の時にカントラオ・アカデミーに入りました。遠征にも何度か出ています。国際大会にも数多く出場し、この舞台での経験が私を大きく飛躍させてくれました。おかげでそれ以後は、代表として国外でプレーしてもプレッシャーは感じませんよ。」


ドリブルが上手く、ペルーの若きロマーリオと絶賛されるマンコ。
リマで産まれた後2歳から8歳まではベネズエラで過ごす。
そして、2003年から2005年の間もベネズエラで過ごし、この時はベネズエラのu-15代表に選抜されています。しかし2005年に彼の家族は、マンコの将来を思い、彼の生まれ故郷の代表としてなるべく、ペルーに戻りました。

juan jose ore
「マンコはペルーで100年に一人現れるか現れないかといわれる程の凄い選手です。将来必ずや世界トップクラスのマンコへと成長する逸材です。秘められた才能をまだ全て開花させていませんから、これからが楽しみですね。彼のプレーで試合の流れをなんとでも変える事が出来るので、チームにとってはとても重要な選手です。また、マークを外すのも上手です。その秀逸なマンコのプレーは、これまで見たことの無いほどのものです。チームメートもマンコが作ったペースにのって良いプレーを見せています。若いのに人柄も良いですね。彼こそが真のスターといえるでしょう。」


ペルーの人気クラブ、アリアンサ・リマ(Alianza Lima)では最初、17歳以下と20歳以下のチームを行き来していたマンコ。4月にトップチームにデビュー。

reimond manco
「選手は皆ポジション取りに必死でですが、雰囲気は一つの大きな家族の様です。皆僕とプレーしたくて、健康的にも肉体的にも競い合っています。」


シニアの選手と戦う事でレイモンドはさらに自信をつけたマンコ。
アリアンサ・リマでのトップチームデビューから4ヵ月後、
マンコを擁するペルーはU-17ワールドカップで準々決勝に進出。
しかし、2005年大会の時は開催国だったにも関わらず、ペルーはグループリーグで敗退しました。今回の活躍がペルーA代表にも良い影響を与えるかもしれません

juan jose ore
「現在のU-17ペルー代表には素晴らしい選手が揃っています。皆持てる力をフルに発揮して国内のリーグでプレー出来る様になって欲しいですね。U-17ワールドカップの後大半の選手が国外でプレーする事になるでしょう。残った選手もクラブのトップチームでプレーする事になるはずです。U-17代表チームはU-19代表の良いお手本にもなってくれていますよ・」


ペルーが国際舞台で活躍する為には国外の主要リーグでの経験が必要不可欠。現在23名のペルー人選手がヨーロッパ各地でプレーしています。そして、我等のマンコの今のお手本はピサロでは無く、PSVアイントホーフェンで活躍する選手なのだそうです。

reimond manco
「私と一番タイプが似ている選手はジェファーソン・ファルファン(Jefferson Farfan)だと思います。彼は同じペルー出身だという事だけでは無く、私の良き友人でもあります。彼には沢山アドバイスを貰っています。彼というお手本のおかげで私は日々成長出来ているんです」


既に多くのクラブの関心を集めています
ヨーロッパリーグで活躍する日はもう近いでしょう。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 8人

もっと見る

開設日
2008年6月24日

3091日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!