mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 真・保守派議員!古屋圭司

真・保守派議員!古屋圭司

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月23日 21:35更新

真・保守派議員である「古屋圭司」を応援しようの会!

古屋 圭司
http://www.furuya-keiji.jp

古屋 圭司(ふるや けいじ、1952年11月1日 - )は、日本の政治家、自由民主党・衆議院議員。

成蹊高等学校を経て、1976年に成蹊大学経済学部を卒業。大正海上火災保険(現三井住友海上火災保険)勤務の後、1984年に当時の外務大臣・安倍晋太郎の秘書、翌年伯父でかつ養父でもある自治大臣・古屋亨の秘書官を経て、1990年に旧岐阜2区から衆議院議員に初当選する。法務政務次官、経済産業副大臣などを歴任。

2005年7月5日、郵政国会では郵政法案採決の衆議院本会議では、亀井派に所属していたこともあり反対票を投じた。採決後は、同派の事務総長だった谷津義男が小泉に与し賛成票を投じたため、事務総長に就任する。このため、2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では、自民党本部の公認を得られず、対立候補を立てられる。そのため、自由民主党岐阜県連に独自に公認を受け選挙戦を戦い、自民党公認候補を破り当選を果たす。しかし、選挙での与党の圧勝を受け当選後の特別国会では、再提出された郵政法案に、一転して賛成票を投じためその威信は大きく傷ついた。成蹊大学の先輩に当たることから、安倍晋三前首相とは親密で、拉致問題や靖国神社参拝、人権擁護法案反対で共同歩調をとってきた。安倍が、幹事長、幹事長代理の際、自民党の党改革実行本部長を兼任していた時には本部長代理をつとめている。また、前述の郵政法案採決の際には安倍や中川秀直から説得を受けていたが、それをはねつけている。また、上記の人権擁護法案に関しては反対派の急先鋒であり、2008年3月10日に憲政記念館で行われた国民集会開催を提案したのは古屋である。

2006年11月27日に復党届と誓約書を自民党に提出し、12月4日、自民党党紀委員会で復党が認められ、自民党に復帰した(郵政造反組復党問題)。翌・2007年10月18日には同じ造反組である江藤拓と共に伊吹派に復帰した。

民法772条(離婚後300日問題)の改正については、「法務省通達により喫緊の問題は解決できる」として反対の姿勢をとり、目下の政治活動の中心的なものとなっている。

2007年5月に「価値観外交を推進する議員の会」会長に就任した。 2007年7月13日に在日アメリカ大使館に手渡された米下院121号決議の全面撤回を求める抗議書にも賛同者として名を連ねた。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 36人

もっと見る

開設日
2008年6月24日

3231日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!