mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > HANS CHRISTIAN ANDERSEN

HANS CHRISTIAN ANDERSEN

HANS CHRISTIAN ANDERSEN

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年10月1日 02:00更新

童話作家として有名なアンデルセンのコミュニティです

【略歴】
ハンス・クリスチャン・アンデルセン(デンマーク語読みでは"ハンス・クラェスデャン・アナスン")(Hans Christian Andersen [ˈhanˀs ˈkʰʁæʂd̥jan ˈɑnɐsn̩]、1805年4月2日〜1875年8月4日)は、デンマークの代表的な童話作家・詩人である。男性。デンマーク語読みでは、 [hɔse ˈɑnɐsn̩](略称のH.C.Andersenは; ホー・セー・アナースン)と呼ばれる。デンマークでは、非常にありふれた姓であるため、単にアンデルセンでは英語読みに近いために、通じないことが多い(ドイツ語読みでは、「アンダーゼン」となる)。

人物
1805年デンマーク、フュン島の都市オーデンセで産まれる。22歳の病気の靴屋の父と数歳年上の母親の家で産まれた。彼の家は貧しく一つの部屋で全員が眠った。

アンデルセンは、両親の愛と母親の盲信によって育てられ、若い頃から想像力を発揮した。1816年に靴職人の父親が亡くなると自分の進路を決めなければ成らなくなり、学校を中退する。彼はオペラ歌手になろうとし、1819年コペンハーゲンに行った。オペラ歌手に成ることには失敗し挫折する、その後も挫折を繰り返し、デンマーク王立バレエ団のバレエ学校にも在籍していた。その後デンマーク王や政治家のコリンの助力で教育を受けさせてもらえる事になり、大学にまで行くことが出来た。

1829年には『ホルメン運河からアマゲル島東端までの徒歩旅行──1828と1829における(A Journey on Foot from Holmen's Canal to the East Point of Amager)』を自費で出版しドイツ語版も出るほどの好評を得た。その後、ヨーロッパを旅行し、1834年10月にはローマに行っている。

デンマークに戻ってきた1835年に最初の小説『即興詩人』を出版する。この作品は、発表当時かなりの反響を呼び、ヨーロッパ各国で翻訳出版されてアンデルセンの出世作となったが、現在は「結局はメロドラマ、安っぽいラブロマンスに過ぎない」と評価され[要出典]、鴎外訳を得た日本以外で顧みる者はほとんどいない。同年『童話集』を発表する。

その後も死ぬまでの間に多くのおとぎ話を発表しつづけた。アンデルセンの童話作品はグリム兄弟の様に民俗説話からの影響は少なく、創作童話が多い。初期の作品では主人公が死ぬ結末を迎える物も少なくなく、若き日のアンデルセンが死ぬ以外に幸せになる術を持たない貧困層への嘆きと、それに対して無関心を装い続ける社会への嘆きを童話という媒体を通して訴え続けていた事が推察できる。が、この傾向は晩年になってようやくゆるめられていき、死以外にも幸せになる術がある事を作中に書き出していくようになっていく。

コペンハーゲンには人魚姫の像とダンス博物館に王立バレエ団時代の資料が、彼の生まれ故郷オーデンセにはアンデルセンの子供時代の家(一般公開)とアンデルセン博物館がある。

大学を卒業できなかったアンデルセンは、旅を自分の学校として、多くの旅行記を書き残した。グリム兄弟、バルザック、ディケンズ、ヴィクトル・ユーゴーなど旅先で多くの作家や学者と交友を深めた。生涯独身(未婚)であった。

アンデルセンが70歳で亡くなった時は、デンマークの皇太子や各国の大使や子供からお年寄り、浮浪者に至るまで葬式に並ぶ騒ぎになるくらい世界中の人々に愛されていたにもかかわらず、彼の恋は常に失恋の連続だった。その要因として、容姿の醜さ、若い頃より孤独な人生を送ったため人付き合いが下手だったこと、他にもラブレター代わりに自分の生い立ちから、童話作家としてデビューした事、初恋に敗れた悲しさなどを綿々と綴られた自伝を送るという変な癖があったことを指摘する人もいる。この伝記は死後50年経った跡に発見された。それによれば、彼はこの伝記を、生涯に三度記したことが分かっている。

極度の心配性であったらしく、外出時は非常時に建物の窓からすぐに逃げ出せるように必ずロープを持ち歩いた。さらに、眠っている間に死んだと勘違いされて、埋葬されてしまった男の噂話を聞いて以来、眠るときは枕元に「死んでません」という書置きを残していた。


代表作品
即興詩人
絵のない絵本
裸の王様
みにくいアヒルの子
人魚姫
親指姫
マッチ売りの少女
雪の女王
野の白鳥(白鳥の王子)
しっかり者のスズの兵隊
赤い靴
小夜啼鳥(サヨナキドリ)
モミの木
エンドウ豆の上に寝たお姫さま
パンをふんだ娘

(出典:Wikipedia)

↓青空文庫(アンデルセンの著作を読むことが出来ます)
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person19.html


アンデルセン童話のコミュニティはあったのですが
本人のコミュニティはなかったようなので、作ってしまいました
彼の作品の世界というよりは本人そのものにスポットライトを当ててみたいと思っています。
彼の人となりや、エピソード、また童話以外の彼の作品などについて知識を広めていくことが出来ればと思います。
また管理人は研究者ではないので、研究者の方がいらっしゃいましたら是非御指南の程賜りたいと思っております。
(重複してたら教えて頂けると嬉しいです)

気が向いたら気になるリンクなど貼らせて頂きますが
基本的に放置する方針ですみません

アンデルセン好きな方
アンデルセンのお話が好きな方
アンデルセン気になる方
心のきれいな方
心のきれいなひとになりたい方
心のきれいなひとになれなくてうしろめたい方
「挫折を繰り返して」いる方
でも人生楽しい方
ピュアすぎてもてない方
でも子供とお年寄りには大人気な方
もてたい方


どなたでも


どうぞよろしくお願いします

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2008年6月20日

3094日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!