mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > アウレリウス「自省録」

アウレリウス「自省録」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月16日 05:02更新

ぴかぴか(新しい)マルクス・アウレーリウスぴかぴか(新しい)

マルクス・アウレリウス・アントニヌス
(古典ラテン語:Marcus Aurelius Antoninus、マールクス・アウレーリウス・
アントーニーヌス、121年4月26日 - 180年3月17日)は、第16代ローマ帝国皇帝。

五賢帝の最後の1人。ストア派哲学に精通し、晩年には自らの体験を
『自省録』に遺したことから、後世「哲人皇帝」と称された。
対外的にはパルティアやゲルマン人の侵入、国内ではキリスト教勢力の拡大や
飢饉、叛乱の発生など、その治世は多難な時代の始まりであった。
これらの難題に対して果敢に対処し、晩年も自ら陣頭指揮をとって叛乱を
鎮圧するなど、内憂外患の苦境に陥るローマ帝国の安定化に奔走した。

ダイヤ人間の生命にあっては、その歳月は点であり、その質料は流動する
もの、感覚は混濁し、全肉体の組織は朽ちやすく、魂は狂乱の渦(うず)
であり、運命は窺(うかが)いがたく、名声は不確実である。
これを要するに、肉体のことはすべて流れる河であり、魂のことは夢であり
煙である。人生は戦いにして、過客の一時(いっとき)の滞在であり、
後世の評判というも忘却であるにすぎない。



ダイヤ「まず最初に何物にも煩わされない心を保つことだ。
    次に、物事を真正面から見つめ、それが何のための
    ものなのかを知ることだ」


マルクス・アウレーリウスの「自省録」がお好きな人どうぞ〜るんるん

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 35人

もっと見る

開設日
2008年6月14日

3208日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!