mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 伊藤雅史☆通称:移動マッサージ

伊藤雅史☆通称:移動マッサージ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年9月9日 08:00更新

「伊藤雅史」(いとうまさし)

「移動マッサージ」で名が通ってる現代アーティスト☆

昔やってたバンドは「銀杏バーゴンズ」。

★本人サイトはこちら
「移動マッサージの摩訶不思議・絵画世界」
http://www.geocities.jp/massagesidopaintingworld/toppage1.htm

*はじめまして☆足跡帳はこちら
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=31958723&comm_id=3421044

ライブペイントでギャン!と描いたり
ファンシーな絵をきゅん☆って描いたり
生っぽい絵を毒々描いたり
だらけてみたり



アクティブペインター!

スーパーハイテンショントークは止まらない〜(笑)



〜街の声〜
ダイナミックでパワフルな作品とは裏腹に
繊細な心の持ち主ではないかと思います。
そのギャップが魅力☆
優しくてお茶目な人です。
アグレッシブな制作活動には脱帽っすよ。
(スズキさん)

彼はすばらしい混沌です。
ゆがんだメルヘン、よどんだ極彩色。
現実ではあってはならない夢を彼は僕らの目の前に突き付けます。
このまま突き進んでいけば僕らにハライソを見せてくれるでしょう。
どこまで高速移動するのだ?脳をマッサージする男よ!
(黒田将行さん)

女子みたいに スイ−ツや食べ物を写真におさめます。
ハイテンション ローテンション 波乗りな感じです。
(ninko ouzou(おうぞう)さん)

マッサージの絵はド迫力タイプ!
なかなかの存在感だった☆さっすが♪
かおちゃんもまっさーしの絵、ほしい〜☆
(かおかおパンダさん)

ナゴム魂の正統な後継者!
(藤井政英さん)

移動氏の絵はレトロな感じがする。でも、どの時代のレトロなのかわからない。いったいこんな時代を彼は子供の頃体験したのだろうか。どうもそうとは思えない。彼のレトロは脳のなかの古い気質から生まれてくるような気がする。動物脳とか爬虫類脳とかあたりだ。まんがやアニメが大好きな彼としては現代のそういったはやりの文化に組したいのかもしれないが、そういったものはいづれ廃れる可能性が高い。それよりも脳の中のレトロのほうがはるかに普遍的だ。だから、僕としてはそちらの古代的なプリミティブものに進んで欲しい。でも、しゃべりだすとテンションがあがってとまらなくなる移動氏はわが道をいくのだろう。
(玉野大介さん)

この人、ヤバイよ!怖い!
(村上隆さん)

見る相手に抱かせるという意味での毒の入れ方では成功している。
(会田誠さん)

とても絵描き
(美術手帖の会田誠さんの人物相関図のコメント)

おまえはいつも腹減ってんな〜。
(MAYA MAXXさん)

☆☆☆

初対面に弱い人見知りでナイーブな面もあり。
80年代サブカルチャー。
リスペクトアーティストは奥田民生。大槻ケンヂ。 会田誠。等
フェイバリットサブカルチャーはビックリマン。キン肉マン。とか

☆プロフィール☆

伊藤雅史(いどうまっさーじ)
1978年1月26日 AB型
東京都在住

受賞歴・個展等の主な活動歴:
1978年 東京都生まれ
2000年
 明星大学日本文化学部生活芸術学科卒業。卒業制作展で優秀賞
 「財団法人守谷育英会2000年度美術奨励(推薦)」
2001年
 同大研究生修了
 「多摩総合美術展」(入選)
2005年
 個展「孤毒展」(原宿・Design Festa Gallery)
 「TOKYO COMPETION 2005 東京コンペ#2」(入選)
 「第6回熊谷守一大賞展で優秀賞」
2006年
 「第2回世界堂大賞展で大賞 」
http://designfesta.com/jp/topics/blog_new/archives/2006/11/post_104.php
http://www.sekaido.co.jp/prize02.html#top

 「Design Festa24」(東京ビッグサイト)
 ブース展示&メインステージにて大トリ出演
 メインステージでは、ボディペインティングショーを行い話題となる。
http://jp.youtube.com/watch?v=Oc_OaD11tmM

2007年
 太田由美&移動マッサージの2人展「狂漢ジュッテーム」
 「桜木町ON THE WALL」(横浜)に参加。
 「DESIGN FESTA25」(東京ビッグサイト)のメインビジュアルアートワーク担当
http://jp.youtube.com/watch?v=65Xy11Hs-Vk

 個展「不敵にFlashback, Danger life」(銀座・彩鳳堂画廊)
 タカシマヤで2人展(新宿高島屋10階美術画廊)

2008年
 伊藤雅史:個展「移動マッサージ inART FAIR GINZA」(銀座・彩鳳堂画廊)
   
「アートフェア東京2008」(国際フォーラム)
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/42546151.html

 「Asia Top Gallery Hotel Art Fair 08」〜In Hotel NEW OTANI Tokyo〜
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/44903001.html

  「アートフェア台北2008」
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/folder/1598970.html

 カウパレード「Cow Parade東京 丸の内2008」
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/45115757.html
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/45335705.html
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/45689300.html

 個展●「移動マッサージ・ミュージアム」
  (信濃町アートコンプレックスセンター Art complex center of Tokyo (Hall gallery) (地下) )
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/45867796.html
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/46047019.html
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/46097466.html
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/46201878.html
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/46201878.html

「東京コンテンポラリーアートフェア2008(TCAF2008)」」
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/46736118.html
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/46904282.html


2009年
個展●「カルチャー」」(銀座・彩鳳堂画廊)
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/49522788.html

●「Revolution Art 2009 Taipei」
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/50630376.html

●GEISAI13スタッフで参加。
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/51167051.html

●日本テレビ系列で放送のトーク番組「おしゃれイズム」
http://www.ntv.co.jp/oshare/studioart/109/index.html
http://www.ntv.co.jp/oshare/studioart/109/pop.html
(司会は上田晋也さん(くりぃむしちゅー)、藤木直人さん 、森泉さんの3人。)
のスタジオアート (番組の背景セット)に「ユニコーン・カスタム」等の20枚近くの絵が使われました。
「2009年11月8日(日)の有吉弘行さん(お笑い芸人)と11月22日(日)の小森純さん(モデル) 放送の回」の絵です。
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/51317875.html

アートコレクター2009 No.18年号掲載。

●「SAIHODO BOOKS」」(銀座・彩鳳堂画廊)
 Xmasアートフェスタ〜銀座からのおくりもの〜

●ラーメン屋さん「つけ麺UMA」で展示。


2010年
●千代田芸術祭「3331アンデパンダン」展

●「Hidari Zingaro」(中野ブロードウェイ)小品常設展示。
http://hidari-zingaro.jp/2010/10/installation/
http://twitpic.com/2vwjuz
http://twitpic.com/2yerd2

●art_icle(アーティクル)の「Kawaii賞」
  (西武渋谷店A 館7 階 催事場)

個展●伊藤雅史 通称“移動マッサージ”in 河口湖
「ほのぼのしよぉ〜レイクシティー -Long Vacation-」展
http://www.musekan.net/exhibition.php
http://yaplog.jp/idomassage/archive/2367

個展●「ダーク・サイド(Dark Side)」」(銀座・彩鳳堂画廊)
http://homepage2.nifty.com/saihodo/exhibition_g_ito_darkside.html


2011年
個展●伊藤雅史 通称“移動マッサージ”in 河口湖
「ほのぼのしよぉ〜レイクシティー -Long Vacation-」展

個展●「ダーク・サイド(Dark Side)」

●「わくわくSHIBUYA(わくわく渋谷)」(トーキョーワンダーサイト渋谷)


●「YOUNG ART TAIPEI 2011」
月刊美術7月号に「ヤングアート台北2011」の記事掲載。
http://yaplog.jp/idomassage/archive/2485

●「SAIHODO TRAVEL」」(銀座・彩鳳堂画廊)
http://homepage2.nifty.com/saihodo/exhibition_g_travel.html

●「VARIA NAGOYA ART FAIR 2011」(名古屋松坂屋)
出品作品が新美術新聞に掲載。

●「東日本大震災復興チャリティ・オークション 今日の美術展」
(東京美術倶楽部)

●「アート亀山2011」(亀山市東町商店街周辺)
中日新聞掲載。


2012年
●「YOUNG ART TAIPEI 2012」

●「STATION」銀座画廊の夜会2012」(銀座・彩鳳堂画廊)
http://www.ginza-galleries.com/yakai.html

●アイドルBiSのPPCCのプロモーションビデオにエキストラ出演。

●会田誠さん公認のアートユニット「掘りごたつ派」結成。

2013年
●「掘りごたつ派」
The next generation of a Kotatu school(horigotatsuha)
活動開始!
http://island.geocities.jp/kotatuschool/







他。、GEISAI(ゲイサイ)、デザインフェスタ(デザフェス)等のイベント出展等多数。
バンドのライブやグループ展やゲリラやイベント出演いろいろ。
デザインフェスタギャラリーの壁画も2004〜から毎年どこかに描いてます。
今は「WAST」の1階の階段辺りと「EAST」の入り口と窓
http://designfesta.com/jp/topics/blog_new/archives/2007/10/gallery_east.php
http://designfesta.com/jp/topics/blog_new/archives/2007/10/gallery_23.php

自らキュレーションによる、グループ展やイベントを主催するなどして、玉野大介氏たちをフューチャーしたりもします。
http://jp.youtube.com/watch?v=2d_Hh2qQYAE


●アート・トップ217号(芸術新聞社)

伊 藤:でも、意外とデザインフェスタではぼくのような絵が多かったですね。先日三潴さん(ミヅマアートギャラリー社長)が個展に来たんですけれど、「今の流れの絵だよね」って言っていました。茫洋とした画がそろそろ終わって、こういうサイケな絵の時代が来るんじゃないかとぼくは思います。
(対談記事より抜粋)

●「アーティクルVol.7号」の記事
http://www.art-icle.jp/sprout07.html
「彼の良さはチャレンジ精神が旺盛なところ。時流に乗っていて、今後も伸びる可能性がある。」(彩鳳堂の本庄社長)


個展を見に来てくれてライブペインティングも見てくれた「香ばしいだいちゃん」さんがご自身のブログで紹介してくれています。
この時描いたライブペインティングの絵はその後、アートフェア東京でも展示されましたが見てくれた方々の評判がかなり良いので嬉しいですね。 (本人談)

●「伊藤雅史:個展「移動マッサージ inART FAIR GINZA」@ 銀座彩鳳堂画廊」


2009個展●「カルチャー」
http://www.youtube.com/watch?v=YdsRwtDuWbg
月刊美術2009年6月号掲載
http://blogs.yahoo.co.jp/masimaromeron/49789870.html
〜アクティブなパフォーマンスが披露された。
ライブペインティングと言えば、1940年代欧米ではジャクソン・ポロックやウィレム・デ・クーニングや抽象表現主義の画家達によるアクションペインティングや日本では白髪一雄や篠原有司男などの活動を思い浮かべる美術ファンも多いかもしれない。緊張感と気迫に満ちたパフォーマンスを見る限り「キャンバスは闘技場である」という彼らの率直な見解を伊藤雅史というアーティストが受け継いでいるようにも思えたがどうだろうか。
ただし、彼自身1978年生まれとそれらのムーブメントをまったくといっていいほど知らない新世代。「ダ・ビンチよりもビックリマンシールの方が好き」と言うだけあって普通のものさしでは測れない<規格外>の個性も同時に垣間見せていて、それがこのアーティストの現代性や魅力を表しているようにも思えた。
デザインフェスタや村上隆主催のGEISAIなどのイベントやアートフェア、個展などを舞台に作品を次々と発表し、ライブペインティングもたびたび。
ヴィヴィトな色彩、ポップな作品を発表し、注目を浴びている。
今後の展開が最も気になるアーティストのひとりだ。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 48人

もっと見る

開設日
2008年6月10日

3150日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!