mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > 2008年 中国隆回キャンプin九州

2008年 中国隆回キャンプin九州

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年5月31日 20:51更新

☆2008年中国隆回キャンプのコミュニティー☆


      
   FIWC九州、中国ワークキャンプ桂林地区主催


期間:8月10日〜20日
場所:中国湖南省隆回县小沙江镇响龙ハンセン病回復村



〜村について〜
 
【村人】
12人(平均年齢は70歳。3組の夫婦がおり、一組の兄弟がいる)

【生活状況】
 政府からもらう生活資金(毎月115元)、※金銀花(スイカズラ)•じゃがいも・とうもろこし・インゲンマメ栽培、農地の貸与代(出来高の30%をもらう)のよって生活してしている。
 電気、水道、トイレがあり、建物も丈夫である。比較的よい生活環境であり、村人の精神状態もよい。
 ※薬草 利尿・健胃・解熱薬になる。

【交通アクセス】
 隆回県から150キロ以上はなれた場所にある。隆回県から車で3時間強で小沙江镇到着。その後三輪車やバイクに乗り30分ほどで村の入り口に着く。5分ほど歩き、村到着。


〜ワーク内容〜

 トイレの壁、橋の補修、日常生活の手伝い、後遺症のケア

【橋について】
 村には大小あわせて10本の橋がある。村の入り口から村に行くまでは4本の橋を通るのだが、その中の一つは石でできており、ほかの3つはただ大きな丸太を用いて作られた簡単なもので、腐りかけている。特に建物(住居)に最も近い橋が人の行き来が一番あり、今にも断裂しそうである。
     
【トイレについて】
 トイレの壁は傾いている。木の棒で固定してあるが、今にも崩壊しそうな状況である。



      《FIWC九州参加者紹介》

     谷之木勤任 (九州大学3年)
     渕上愛   (九州大学3年)
     徳田潤平  (九州大学3年)
     岩野晃子  (九州大学3年)
     古川優太郎 (九州大学3年)
     井上祐介  (九州大学4年)
     塩川壮挙  (西南学院大学4年)
     宮原久実  (佐賀大学3年)
     井芹和幸  (熊本県立大学2年)
     藤吉絵里佳 (熊本県立大学2年)
     

  


   「Let's open the work camp in 隆回」

   この言葉を言うことにすごく勇気が必要だった

   言った直後に背負うであろう責任とプレッシャー

   
   誰かが決断をしないといけないんだ

   
   言ったら思いのほかすっきりした

   
   僕ひとりじゃない

   みんないるんだ

   そう思った

   

   日本にも 中国にも

   僕には仲間がいる

   
   みんなの存在がすごく心強かった

   ありがたい

   
   みんなでキャンプをつくっていけばいい

   
   いまからの準備

   すべて 輝いてる夏キャンプにつづいてる   



   

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 8人

もっと見る

開設日
2008年6月10日

3476日間運営

カテゴリ
会社、団体
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!