mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > グルメ、お酒 > 京御菓子司 亀屋清永清浄歓喜団

京御菓子司 亀屋清永清浄歓喜団

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年3月26日 02:22更新

遣唐使が、伝えた清浄歓喜団

亀屋清永
精進潔斎をし、当主だけがつくる秘法の菓子司

大阪夏の陣の頃、すでに御所や寺社、武家への出入りを許されていた。当代で一七代目とが、その当時はまだ菓子屋として独立して営業している店は少なかった。その功績により、宮中から和泉大掾の稀号を賜り、名字帯刀を許されていた。その一方、江戸時代中期の京都のガイドブックともいえる「京羽二重」という古文書には、商売ごとに店の案内が掲載されていたが、そのお菓子の部の筆頭に載っている。
その亀屋清永の代表的銘菓といえば清浄歓喜団。白檀、竜脳、桂皮末など七種の香を練り込んだ皮に餡を包み、上質の胡麻油で揚げた贅沢な逸品。奈良時代に遣唐使によって伝わった唐菓子を、代々作り続けてきたのである。もともとは、天台宗や真言宗などの宗教儀式のお供えものとして使われていたもの。伝来当時は栗や柿、杏などの木の実を甘草やあまづらなどの薬草で味つけし、甘味を出していた。現在のように小豆餡を用いるようになったのは江戸時代中期以降であり、当時は殿上人ら高貴な人々のみが口にできたものであった。
比叡山の阿閣梨から秘法を教わったというその製法は、千年たったいまも昔の姿をそのままに伝えている。店中の者が精進潔斎のうえで当主が月の一日と一五日を中心に調製されており、したがって、この清浄歓喜団を買い求めるには必ず予約が必要となる。
そのほか、生菓子や干菓子も四季折々の京らしい風雅に富んでいる。信州特産のくるみを大島糖で囲めた月影や、一休和尚の高弟だった松風禅師ゆかりの松風饅頭なども人気が高い。
古きを守りつつ新しいものを創作する

温故知新という言葉がありますが、京都は、まさしくその言葉にふさわしい町だと思います。古くから伝わる儀式や手法を大切にしながら、それを時代時代に対応させるべく変化させてきた。だからこそ、今日、伝統的な産業とハイテク産業が同居しているのです。一時的にはミスマッチという現象が起こるのでしょうが、長い年月の間にバランスが取れてくる。そして、次の時代の人が評価をし、さらに進化をしていくんだと思います。
当店でも、古きを守りつつ新しいものを創作していくという心構えを大切にしています。一代一品というのがいわば家訓であり、そのための精進は欠かせません。さらに、こだわりというのでもありませんが、うちは関東には店を出していません。全国ネットワークも結構ですが、京都でしか買えないというものもあってもいいと思うのです。その思いもくんでいただいて、ぜひ当店の商品をご賞味ください。

創業◇元和三年(1617年)
商号◇株式会社亀屋清永
所在地◇京都市東山区祇園町南側534
電話◇075-561-2181
ファクス◇075-541-1034
営業時間◇午前8時半〜午後5時半
定休日◇水曜日
http://www.kameyakiyonaga.co.jp/

奈良時代に遣唐使によって、仏教伝来とともに伝わった唐菓子の一種で、
千年たった今も、昔の姿をそのまま伝えている亀屋清永の代表的なお菓子です。
白檀、桂皮、竜脳など仏教で言う「清め」の意味がある七種の香を入れた皮で包み、
上質の胡麻油で揚げています。
八つの結びは八葉の蓮華をあらわし、形は金袋になぞらえています。

お召し上がりの際、もう一度軽く焼くといっそう香味が増して、お味がよくなります。
千年の歴史の味をぜひご賞味ください。

清浄歓喜団

価格:525円(税込)より

遣唐使によって中国から伝わった、亀屋清永の代表的なお菓子です。

内容 単品 525円
5個入 2,730円
10個入 5,460円
15個入 8,190円
20個入 11,025円

【原材料名】
米粉・小麦・小豆餡・桂皮末・胡麻油
賞味期限 2週間

京都おいし小路:http://www.oishikoji.com/
http://www.oishikoji.com/shop/index.php?shopid=021

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 18人

もっと見る

開設日
2008年6月8日

3185日間運営

カテゴリ
グルメ、お酒
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!