mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > Juan Manuel Fangio

Juan Manuel Fangio

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2010年8月8日 23:03更新

ファンジオ『ファンジオ自伝』より
 私が引退を決意したことが知れわたると、たくさんの人たちがその理由を尋ねた。ジャントーネだけは何も聞かなかった。彼には分かっていたのだ。
 引退を責める声は多かった。特にアルゼンティンではそうだった。裏切り者呼ばわりしかねない人もいた。
 しかし、事故が恐ろしくてレースをやめたとしたら、誰も私を責めたりはしないと思う。しかし、私は事故がこわくてやめたのではない。私のように長い間レースをしていると、不憫の惨事に対しても心構えができてくるものである。
 それは私が引退した理由ではない。
 1958年には、ピーター・コリンズがニュルブルクリングで死に、カステロッティがモデナで死に、そしてルイージ・ムッソがランスで死んだ。しかし、私が引退を決意したのは、そのショックと悲しみのせいではない。
 年をとりすぎたとは思っていなかったし、盛りをすぎたとも思っていなかった。若いドライバーを相手に走るのがこわくなったのでもない。私はまだ勝てると思っていた。ルイ・シロンの輝かしい例を見れば分かるように、私もまた何年もレースを続けるつもりでいた。
 下り坂になるのが恐ろしかったからでもなかった。
 それでは、本当の理由は何か?
 自分でその理由がようやく分かった時、私は引退したのが正しかったと思った。他に方法はなかった。
 私は野心を抱き、ついにそれを現実のものとした。初め、世界チャンピオンになることが私の夢であった。それから2度目を狙った。すると3度目に挑戦することになった。4度目の世界タイトルもとった。5度目をとった時、これなら運がよかったとばかりはいえなくなった。
 そして、もうやめる時だと思った。私は目標に到達し、野望を達成したのだ。これ以上続ける理由がどこにあろうか。もう1度世界チャンピオンになって、私にとって何の価値があるというのだ。
 私は、レースを愛し、人生の最盛期をレースに注ぎこんだ。私は頂点に達した。今こそ消える時である。
 しかし、分かっていただきたい。これは簡単なことではないのだ。


検索用
F1、Fomula1、アスカリ、スターリング=モス、マイク=ホーソン、ファリーナ、セナ、フェラーリ、マセラティー、メルセデス、アルファ=ロメオ、アルゼンチン

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2008年6月8日

3330日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!