mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 大野晋

大野晋

大野晋

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年9月18日 05:33更新

「日本とは何か」一見素朴なその問いにこたえるために生涯を日本語研究に費やされた大野晋先生。その業績は、栄誉に余りあります。橋本進吉先生からの薫陶を受けられ、万葉仮名については一字ずつ詳細に検討する研究は、厳密さの極地と思われます。

後年は、タミル語と日本語の関連を述べられました。日本語と約500語の対応が出ている言語は、他にありません。

また、
22語の助詞、
係り結び、
5・7・5・7・7の歌形の一致

がタミル語齟齬の『サンガム』という書の検討からも明らかにされていったようです。

比較言語学的操作をしていないとの批判もあるようですが、「比較言語学」とはもともとヨーロッパ祖語を探すため、(宗教的にはバベルの塔の崩壊の前に全人類が話していたであろう言語を再構築するため)に作られたインド=ヨーロッパ語族の言語研究法のはずです。ウラル=アルタイ語族か?と言われ、屈折語でもない日本語に関して、比較言語学の方面からの批判はあたるものでしょうか?率直に私は疑問を感じます。

私見を述べすぎたかもしれませんが、批判的検討も含めて参加していただけるとありがたいです。

特に、『日本語の形成』解いておられる方や研究されている方は、意見を述べていただけると助かります。

日本語の正体はいったい何なのでしょう。このコミュニティで少しでもこの謎を共有し、解けたらいいな、そう思っています。

しばらく作っただけになっていました。

その間、書き込んでいただいた方、ありがとうございました。今後も末永くお付き合いください。

今後は、少しずつトピック等を立てさせていただきますので、まだ書き込まれていない方も、書き込み、発言を重ねる中で日本語を学ばれるとよろしいかと思われます。疑問、質問、本の感想など、どんなトピックも自由に立てていただいてかまいませんので、どうぞご活用ください。

(新潮社様から写真を転載させていただきました。ご好意に御礼申し上げます。)

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 21人

もっと見る

開設日
2008年6月1日

3110日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!