mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 会社法・商法をキャラで説明する

会社法・商法をキャラで説明する

会社法・商法をキャラで説明する

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学で商法・会社法を教えている仕事柄、アニメのキャラを題材に親しみやすい事例をよく考えています。
皆さんのアイディアを募集中。
例1:ジャイアンがスネオに自分のリサイタルのチケットを販売する代理権を与え、スネオはのび太にリサイタルのチケットを販売し、のび太から代金を受領した。その際スネオは、ジャイアンの代理人であることを示さなかった。その後、ジャイアンにあったのび太は、リサイタルのチケット代金支払請求を受けた。のび太はジャイアンに代金を支払う必要があるか。たすけてードラえもん

例2:劇団ひとりの劇団性について論じなさい。
例3:ガンダムを操縦するアムロの権限について、設立中の会社の理論に留意しながら説明しなさい。

注意:キャラクターを使うだけではなく、そのキャラクタを使う必然性・合理性・現実性が求められます。例えば、ガンダムのキャラクター(アムロ・ブライト)が会社を創ったら、、などはNGです。
商法・会社法の論点に整合する必要があります。
ドラえもんに権利能力が認められるか(自然人・法人以外なので、認められないはず)、などは、そのストーリで柔軟に判断したいです。

開設日
2005年10月02日
(運営期間4018日)
カテゴリ
学問、研究
メンバー数
646人
関連ワード