mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > PC、インターネット > インターネットの歴史

インターネットの歴史

インターネットの歴史

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月16日 20:43更新

インターネットの概要

 歴史をたどれば1969年に米国の国防総省の高等研究計画局(Advanced Reserch Project Agency)でコンピュータ相互のデータ通信を可能にした ARPAネットの実験の成功などに端を発し、その後のUSEネット(大学院生たちが大学間で始めたネットワーク)やCSネット(ARPAネットに参加していないコンピュータ科学者が作ったネットワーク)といったネットワークが徐々に形成されていった。その他、地域的に小規模なコンピュータ・ネットワーク(LAN(Local Area Network))が無数に生まれ、それら個々の独立したネットワークが、米国内だけでなく海外のネットワークとも相互につながりあって、現在のような世界規模のコンピュータ・ネットワーク=インターネットができあがっていった。
 日本では、1984年に、東京工業大学、東京大学、慶應義塾大学のコンピュータ同士を電話回線でつなぐことから始まったJUNETから、ネットワークをつなぐという試みが開始された。その後、86年にJUNETがインターネットに接続、88年にJUNETと民間企業をつないだWIDEプロジェクト(Widely Integrated Distributed Environment)、1992年にWIDEと民間のパソコン通信との相互接続が実現し、またIIJ(Internet Initiative Japan)などがインターネット接続業を始めた(個人向けにサービスが始められたのは94年)。こうして個々のネットワークが徐々にインターネットとつながって現在の形になっている。

 しかし、その始まりから、ネットワークは主にコンピュータそのものの開発にあたっている人々によって作られ利用されていた。一般的に、しかもアメリカだけでなく日本や世界でも利用され普及したのはつい最近である。1992年、「ホームページ」という形でさまざまな情報を視覚的に統一的に表示できるようにしたワールド・ワイド・ウェブ(WWW(World Wide Web))の登場によって、爆発的に普及した。1995年秋にマイクロソフト社が「ウィンドウズ95」というOSを発売したり、WWWを表示するためのソフト(ブラウザ)の開発競争によって、インターネットの利用がより簡単になってきている。
 現在、世界のほとんどの国でインターネット接続が可能になっており、およそ1億5千万人が、インターネットを利用していると推計されている。日本では、500万を越える人々が利用していると言われる。

http://www.ibarakiken.gr.jp/www/

-------------------------------------
※管理人交代しました。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 30人

もっと見る

開設日
2005年10月2日

4080日間運営

カテゴリ
PC、インターネット
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!