mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 古代蓮物語

古代蓮物語

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年8月21日 08:55更新

チューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップ

☆古代蓮が好きな人
☆蓮が心から好きな人
☆蓮無しの生活は考えられない人
☆蓮のグッズを集めている人

とにかく蓮好きの人はよろしくお願いします
情報交換しましょう!!


チューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップチューリップ


クローバー古代蓮とはクローバー

大賀蓮と行田蓮に分ける事が出来る。

大賀蓮
1951年(昭和26)3月、植物学者・大賀一郎博士(1883-1964)は、地元の花園中学校の生徒たちと共に遺跡を発掘調査し、合計3粒の蓮の種を発見。
ハスの権威者・大賀博士は、それらの年代を明確にするため、ハスの実、丸木舟の一部などをシカゴ大学へ送って
年代分析・鑑定を依頼した。 その結果、それらが弥生時代(約2000年前)のものであることが判明した。大賀博士の姓を取り 大賀蓮というようになる。
後に、日本各地に株分けし広がる。

行田蓮
1971年焼却場施設を建設するための造成工事をはじめ掘削によってできた場所に水がたまって池となり、地中深く眠っていた蓮の実が静かに目覚める。
1973年(昭和48年)、 池の水面に多くの丸い葉が浮いているのが発見されました。その後、葉の数もふえつづけ、ついに7月13日、長い眠りから覚めた古代の蓮が可憐なピンクの花を咲かせたのです。  
行田市教育委員会から依頼をうけた埼玉大学の江森貫一元教授が、出土した縄文土器と、古代蓮として知られている大賀蓮の例を参考に、2500年から3000年前ころのものと推定。

1975年 日本アイソトープ協会の測定はおよそ1400年前のものという結果でした。結局、行田蓮は、考古学的には2500年から3000年前のものとされていることから、豊田教授はおおむね1400年から3000年前のものと推定しています。
発掘された地名を取り、行田蓮の呼ばれる。

埼玉県を中心に数か所で見る事が可能。


古代蓮の一つ行田蓮の発祥の地

http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/


古代蓮写真家
http://www.katsumi-maeno.com/

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2008年5月24日

3319日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!